地震への備え

業界トップクラスの太さ。
大きな地震にも抜けにくい
M24アンカーボルト

鉄骨と基礎を結合するアンカーボルトのイメージ

建物と基礎の結合部も、
地震エネルギーが襲うポイントです。
ここにも抜かりはありません。

地震への強さを追究した「座屈拘束」フレームが、その性能を発揮するためには、それを受け止められる強い基礎が必要です。パナホームは強靭な鉄筋コンクリート布基礎を採用。入念な地盤調査を行い、基礎を設計します。

「座屈拘束」フレームと基礎は、業界トップクラスの太さを誇るM24アンカーボルトで緊結します。さらにアンカーボルトの端部を頭付き形状とすることで、引き抜き強度を高め、地震による大きな力が加わっても基礎から抜けたり、破断されたりする心配がなく、住まいを支え続けます。

構造 × 空気 × 時間