パワテック > 耐震性の実証

耐震性の実証

過酷な振動実験で、パワテックの地震への強さを実証しました。

繰り返し発生する地震や大地震でも、かけがえのない家族や大切な資産を守る、強い家をお届けするために。パナホームは、さまざまな地震を想定した振動実験を実施。構造の強さを実証しました。繰り返し発生する地震に強く、変形が小さい。強靭な強さを誇る構造体だからこそ、総タイル仕上げの住まいも安心です。

繰り返し発生する地震への強さを実証

東日本大震災の築館波をはじめ阪神・淡路大震災の神戸波などの大地震を57回、さらに中地震83回という140回の過酷な振動実験を実施。度重なる加振にも構造体の交換が必要となるような損傷がなく、パワテックの「繰り返し発生する地震への強さ」を実証しました。

※大地震は気象庁震度階級の震度5(強)以上、中地震は震度4および5(弱)程度の揺れを目安としています。

140回の繰り返し地震にも耐える

大地震に負けない強さを実証

阪神・淡路大震災神戸波の4.3倍、東日本大震災築館波の1.8倍のエネルギー量である施設の限界加振にも挑戦。その後の建物検証では、クロスの切れ、タイルのひび割れ、瓦の割れなどがあるものの、構造体の交換が必要となるような大きな損傷はなく、「大地震への強さ」を実証しました。

阪神・淡路大震災の4.3倍にも耐える

タイル張りへの強さを実証

総数140回の振動実験を繰り返しても、外壁に用いたキラテックタイルの剥がれ、脱落等の大きな損傷は見られませんでした。構造体が強く変形が小さいからこそ安心できる、タイル張りに強い構造を実証しました。

変形しにくい構造を実証

大地震を想定した地震波を基本に、水平方向に30%、100%、さらに150%の加振を行いました。最大150%の加振でも建物の変形量は、わずか18mm。構造体の強度に影響のない変形にとどまり、「変形しにくい構造」を実証しました。

変形量はわずか18mm
パワテック
耐震性に優れた鉄骨構造
  1. 制震鉄骨軸組構造
  2. 大型パネル構造
  3. 重量鉄骨ラーメン構造
耐震性の実証
実大住宅振動実験
地震発生時の安全配慮
地震後の安心配慮

実大住宅振動実験の動画を公開