光触媒タイル外壁キラテック > 光触媒タイル外壁[キラテック]の性能

光触媒タイル外壁[キラテック]の性能

長くくらす家だからこそ手間をかけずに、美しさを保ちます。

雨や風、紫外線にさらされる住まいの外壁。それは長い間に汚れ、傷つき、メンテナンスの時期を迎えることになります。家族のくらしを守るシェルターでもあり、家族の感性を主張する大切な外壁を、できる限りきれいなままに。塗装や補修などのコストはかからないようにしたい。そんな思いを、パナホームは光触媒という新しい技術に託しました。汚れにくく、汚れても雨で洗い流すセルフクリーニング効果を発揮。また空気清浄化作用も発揮し、地球環境に貢献します。
キラテック:3つのこだわり (1)光触媒作用で美しさをキープ (2)メンテナンスの手間・コスト・資源を節約 (3)空気を浄化し、地球環境に貢献

セルフクリーニング効果で美しさをキープ。

ホコリ、チリ、排気ガスのすすや煙など、住まいを取り巻く汚れはさまざま。「キラテックタイル」には、そんな壁面の汚れを付きにくくし、汚れても雨で流れ落ちやすくするセルフクリーニング効果があります。その秘密は、太陽の光で生じる高い“親水性”と“分解力”の働き。
優れた“親水性”で壁面に汚れをつきにくくし、“分解力”でタイル表面についた汚れの付着力を弱め、分解した汚れを雨で流れ落ちやすくします。そのため、お手入れや塗替えなどのメンテナンスを軽減し、雨が降るだけで外観の美しさが保たれるのです。

【ホコリ、チリの吸着を抑える】

超親水性

光触媒の働きで親水性が生まれ、タイルの表面には、空気中の水分から薄い水の膜がつくられます。これにより、ホコリやチリを吸い寄せる静電気を抑え、汚れがつきにくくなります。

【油汚れを落ちやすくする】

分解力

光触媒作用によって生まれた分解力で、タイル表面に付いた汚れの付着力を弱めます。汚れがつきにくく、ついても落ちやすい。排気ガスなどのベタベタ汚れにも、効果を発揮します。

【雨の力で洗い流す】

セルフクリーニング効果

親水性によって水分がタイルの表面全体に広がるため、雨が降ると雨水が汚れの下に入り込み、汚れが流れ落ちやすくなります。

我が家を建てるだけで地球環境にも貢献できる。

光触媒タイル外壁[キラテック]は、光(紫外線・UV)を活用して空気をきれいに浄化するという、かつてない環境保全機能を備えています。光触媒作用によって、大気中の有害汚染物質NOx(=窒素酸化物)を無害な物質に分解して土壌へと還元。そのNOx分解力は200m2あたりポプラ約14本分にも匹敵します。キラテックタイル外壁の我が家は環境へのやさしさを実践する住まいなのです。

浄化能力

発売から10年、パナホームの光触媒タイル外壁「キラテック」の家が累積5万棟・ポプラ70万本相当に達しました。
※外壁面積200m2/棟、1棟あたりポプラ14本分の大気浄化効果として換算

NOx分解のメカニズム

NOx浄化のメカニズム大気汚染物質であるNOx(=窒素酸化物)は、光触媒作用で発生する分解力により無害な物質に変化。雨が降ると雨水に溶けて地中へと洗い流されます。
※N(窒素)の酸化物、NO、NO2等を総称してNOxと呼びます。
※生成されるHNO3(硝酸)は極めて微量で土壌中では植物の肥料になります。

メンテナンスの手間もコストも軽減。

一般的な塗装外壁の場合、塗装の劣化や汚れにより、概ね10年程度で塗り替えなどのメンテナンスが必要となります。キラテックタイルによる外壁は光触媒作用により美しさをキープ。塗り替え、張り替えのコストが軽減されます。

光触媒タイル外壁 キラテック
光触媒タイル外壁 キラテックの性能
光触媒技術とは
タイル外壁の魅力
外壁タイルラインナップ