重量鉄骨ラーメン構造<NS構法>

3階建から9階建まで、柔軟に設計できる「NS構法」。

NS構法とは、高層ビルにも採用されている純ラーメン構造に、独自の技術を加えて開発された構造。3階建から9階建まで対応。耐力壁を必要とせず、重量鉄骨の通し柱に各階の床梁を高力ボルトで接合するだけのシンプルな構造が特長です。住宅用としての改良を加えてきたので、車3台が並んで駐車できるワイドスパンや、空中の張出し部分を広くとれる大開口など、重量鉄骨ならではのメリットをさまざまに生かしています。

※イラストは代表的なイメージです。

NS構法イメージ

地震の揺れを直接受けない「カーテンウォール工法」。

カーテンウォール工法イメージ

工場生産された大型サイズの外壁パネルを、現場で架構体に取り付けていくカーテンウォール工法。超高層ビルと同じこの工法は、外壁をカーテンを吊る要領で取り付けてあるため、架構体の横揺れやねじれにも柔軟に追従し、ひずみが外壁に伝わりにくいという特長があります。

※建物条件によっては同様の実験結果とならない場合があります。

※実際の地震におけるお客さまへの保証は保証基準によりますのでご注意ください。

【地震時の架構体の水平移動】

地震時の架構体の水平移動イメージ1地震時の架構体の水平移動イメージ2

※大地震は気象庁震度階級の震度5(強)以上、中地震は震度4および5(弱)程度の揺れを目安としています。

建物の不快な揺れを制御する「TMD/AMD制震装置」。

幹線道路、鉄道、工場などの近くに3〜9階建を建設する場合は、建物振動への配慮が必要です。工作機械や人による加振など、建物内部の強制振動に対しても建物の振動数と同調した場合、振動を感じることがあります。これは3〜9階建の振動数が2階建に比べ、人が感じやすいゆっくりとした揺れであるのが一因です。このような日常の建物振動に対しても配慮し重量鉄骨ラーメン構造では「TMD制振装置」、「AMD制振装置」を採用。建物の揺れと逆方向に重りを揺らすことで、建物の揺れを低減させ、快適なくらしをサポートします。

【TMD制震装置】

交通振動などにより発生する建物の水平振動のみに効果を発揮。鉛直振動および地震・強風による振動は低減できません。また、建物内部からの強制振動を完全になくすことはできません。

TMD/AMD制震装置イメージ

【TMD制震装置の体感効果】

体感振動の大きさは1/2以下に体感振動の時間は1/3以下に

【AMD制震装置】

TMD制振装置に比べ、センサと動力により2〜3倍の制振効果を発揮するAMD制振装置仕様もご用意しています。

※別途保守点検契約及び機器メンテナンス費用が必要となります。

※5〜9階建の場合、AMD制振装置が標準仕様となりますが、
5階建に関してはTMD制振装置への対応を個別に検討させて頂いております。

AMD制震装置イメージ

粘り強い配筋「鉄筋コンクリート造布基礎」。

ご家族のくらしを守り、支えるための土台となる基礎には、布基礎に加え、ベタ基礎を採用。入念な地盤調査の後、地盤に最適な基礎を選んで施工しています。この強い基礎の上に、高い張力を誇るアンカーボルトを用いて、基礎と柱を一体化(露出型柱脚固定法)。高い技術力が都市生活の安心を足元から支えます。

柱脚部分

15cmきざみの設計で制限の多い敷地にも対応可能な「マルチモジュールシステム」。

パナホームの住まいは、高さも幅も15cmきざみで細かく調整可能な「マルチモジュールシステム」を採用。限られた敷地を最大限に有効活用でき、多彩なプランニングや将来の間取り変更にも柔軟に対応することができます。

高さも幅も15cmきざみで調整可能

※柱やフレームの移動、各階の天井高の組み合わせには一部制限があります。

※階高に関しては285cmを基準に±15cm、全部で3段階の設定になります。

マルチモジュールシステムイメージ

【最大9000mmのビッグスパン】

重量鉄骨の採用により、自由度の高い大空間が生まれます。

最大9000mのビッグスパン

〈重量鉄骨ラーメン構造〉(通し柱)
車3台並列のピロティガレージも可能

※柱200mm角の場合のみの対応となります。

※プランと仕様により、対応できない場合があります。

【最小15cmのモジュール対応】

都市の狭い敷地でも、きめ細かなプランニングが可能です。

最小15cmのモジュール対応イメージ

〈重量鉄骨ラーメン構造〉(通し柱)
車3台並列のピロティガレージも可能

※隣地境界線と建物との距離については、別途法令上の制限に従う必要が あります。
また、メンテナンスのためのスペースが必要となります。

【最大3000mmのオーバーハング】

敷地にプラスαの余裕を生み、空間の可能性を最大限に引き出します。

最大3000mmのオーバーハング

【2層2方向勾配架構】

北側の隣地境界いっぱいに建物を寄せて建てることができます。

2層2方向勾配架構イメージ

※プランや仕様、または建築地域により対応できない場合があります。

全国展示場案内

LINEはじめました。

サイトマップ