防犯<泥棒に狙われにくい住まい>

「攻める、守る、駆けつける」防犯で家族と住まいを守ります。

家族が毎日安心してくらせるように。また資産となる住まいもしっかり守れるように。パナホームのセキュリティは、「攻める防犯」、「守る防犯」、「駆けつける防犯」を実践。未然に防ぐ工夫から侵入されそうなときや、もしものときなど、何重もの警戒網で守るようになっています。

防犯で家族と住まいを守ります

見張る、威嚇する「攻める防犯」。

深夜、玄関に近づくと人感センサー付のフラッシュライトが威嚇。侵入犯を積極的に抑止します。また、玄関まわりを24時間「見張る」テレビドアホンは、不審者を監視するとともに心理的な抑止効果を与え、侵入を未然に防ぎます。録画機能の付いたドアホンは不在時の来訪者を確認できるとともに、家中どこからでも応答可能なワイヤレスモニタ子機にも対応。屋外カメラは不審者を「見張る」、「威嚇する」効果を発揮します。

【センサ付照明】

玄関ポーチライト

勝手口灯

 

 

【屋外センサーカメラ(ライト付)】

【屋外センサーカメラ(ライト付)】

不審者の侵入を妨げる「守る防犯」。

侵入を試みた際にも、「破りにくい」サッシ、「開けにくい」玄関ドアや勝手口ドアでしっかりガードします。開口部にはサブロックを設け、侵入に対抗。シャッターや面格子は、視覚的な防犯効果を発揮します。玄関ドアには、ピッキングに強い特殊構造のディンプルキーと堅牢な鎌錠の採用に加えて、2ロックで安全性を強化。開口部や玄関ドア、勝手口ドアには防犯建物部品(CP部品)もご用意し、防犯に配慮しています。

CP

防犯の公的基準 防犯建物部品(CP部品)

「防犯建物部品」(防犯性能の高い建物部品)とは、住宅の防犯性能に関する公的な基準です。警察庁と国土交通省、経済産業省、建物部品関連の民間団体が合同で防犯性能が高いと認定した建物部品のことです。

※CP:Crime Prevention=防犯 ※仕様によっては対応できない場合があります。

守る防犯

プロが見守る安心感「駆けつける防犯」。

何重もの警戒網をかいくぐって、もしも侵入されたら…。万一の場合にはセキュリティのプロが駆けつける、セコムの安心システムもご提案。センサーからの異常信号を受けるとすぐに緊急対処員をご自宅へ派遣。状況に応じて適切に対処します。24時間365日見守られる、ひとクラス上の安心感をお届けします。

※ALSOKもお選びいただけます。

SECOMのオンラインネットワーク

防犯のポイントは侵入しにくい雰囲気。

プロである泥棒に、見ただけで侵入が困難な印象を与えること。それがもっとも重要です。死角をつくらない、足がかりとなるものを設置しないなど、侵入・逃走経路になりやすい要因には慎重に配慮しながらプランニングします。

防犯のポイントは侵入しにくい雰囲気。

LINEはじめました。

サイトマップ