長期視点の住まいづくり

「柔・強・健・美」の発想で、いつまでも“価値が持続する家”をご提案しています。

価値が持続する家イメージ

住まいを維持するためには、メンテナンス費や光熱費、リフォーム費など、住んでから掛かるトータルなコストについても考慮する必要があります。

パナホームは長期視点でくらしを捉え、耐久性や快適性、省エネ性を高めるなど、さまざまな工夫を施した住まいづくりを行っています。“柔軟な設計で地震や災害に強く、健やかなくらしと愛着を育む美しい住まい”−「柔・強・健・美」の発想が生きた、未来へと末長く住み継がれていく“価値が持続する家”をご提案しています。

「長期優良住宅」に標準仕様で適合しています。

ストック型社会の発展をめざし、国土交通省が推進する「長期優良住宅認定制度」。パナホームはその基準に標準仕様で適合しています。優れた基本品質・性能で末長く安心で快適なくらしを実現するとともに、高い資産価値を維持。長く住み続けることで、資源やエネルギーの無駄を削減し、環境社会に貢献します。

長期優良住宅イメージ

さまざまなメリットをもたらす「住宅の長寿命化」
社会全体がより豊かで、より優しいくらしの実現のために。

平均20年〜30年で建て替えられる日本の住まい。建て替えることによって大量のゴミやCO2を排出し、地球環境の未来に大きな影響を与えています。国土交通省からは、ストック重視の住宅政策の一環として「よいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」方針が打ち出されています。家は「個人資産」であると同時に「社会資産」であると考え、長寿命な住まいを実現すれば、家そのものを価値あるものとして売ることができ、その家を建てた家族は資金を得て豊かな老後を楽しめたり、収入の少ない若い世代は新しく建てるより安く、買ったり借りたりすることができるようになります。住まいを次世代にバトンタッチしてゆくことで、「地球に優しいくらし」+「次の子育て世代の住宅取得の軽減」+「高齢化社会における豊かなくらし」を実現することができるのです。

一般的な建て替え平均年数

資産価値の高い住宅を認定「長期優良住宅認定制度」。

「長期優良住宅」とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に定められた認定基準を満たしたものです。「長期優良住宅」は、基本構造を定期的にメンテナンスすることによって長持ちすることが保証され、設備や内装を20年目処に更新されることで、その時代のライフスタイルにあわせた最新のくらし方が出来るようになっています。つまり家を建てた人一代限りで終わりではなく、次に住みたい人にバトンタッチしていける“長寿命な住まい”を公的に認め、ひいては中古住宅市場の活性化にもつなげようというものです。パナホームは、その「長期優良住宅」認定基準に標準仕様で適合します。さらにパナホームの提案は、国土交通省の平成21年度第1回高齢者居住安定化モデル事業及び長期優良住宅先導的モデル事業にも採択されています。

住宅性能表示制度について

認定基準

税制上の様々な優遇処置が適用。

たとえば最大控除額が10年間で最大500万円の住宅ローンの減税など、さまざまな優遇処置が受けられます。
(2014年4月〜2017年12月にご入居の方のみ)

税制上の様々な優遇処置

LINEはじめました。

サイトマップ