ふたりのくらしを楽しむ平屋。
LDKから眺める景色が心地よさを高めてくれます。

寄棟と部分切妻を組み合わせたこだわりの外観。
スクエアの小窓や縦長のスリット窓が外観に洗練された表情を添えています。

ゆったりくつろげる開放的なリビング。
大きな開口や勾配天井を生かした吹抜けで、縦にも横にも広々とした空間を実現されました。

ふたりのくらしを楽しんでおられるKさまご夫妻。
新居でくらすようになってから、丁寧にコーヒーを入れて飲むことも増えたとか。

「ここからの眺めが最高です」とご主人。
庭の緑の向こうには、豊かな田園風景が広がります。

奥さまがご要望されたオープンな対面キッチン。
「おしゃべりしながら料理できるのがいいですね」。

リビングに続く和室は、半畳タタミや吊り押入で和モダンな雰囲気に。
通風とあかり取りのための地窓を設けました。

寝室に続く廊下は、天窓から太陽の光や月あかりが落ちて表情豊かに。

寝室の床や壁は濃いめの色をセレクト。
カーテンやあかりもシックにコーディネートしました。

玄関にはシューズインクロークを採用。
お客さま用、ご家族用の2つの動線でいつもすっきり。

お子さまの独立を機に、
ゆったりくらせる平屋を実現。

豊かな田園風景に調和する美しいKさま邸。ご夫妻は、ふたりのお子さまが独立されたのを機に、平屋に建て替えられました。

「最初は2階建を考えていたのですが、以前の家も2階は子どもたちの部屋だったので、私たち夫婦は1階で生活していました。パナホームさんから平屋を提案されて、確かにそのほうがゆったりくらせそうだと思いました」と奥さま。

外観はご主人のこだわりで、寄棟と部分切妻の組み合わせに。2色のキラテックタイルを張り分けて落ち着きある外観を実現されました。室内は、庭に面した広々としたLDKを中心に、和室や洗面・浴室、寝室が動線よく続きます。

自然を身近に感じる住まいで、
セカンドライフを快適に。

おふたりのお気に入りは開放的なリビング。部分切妻の勾配天井を生かした吹抜けがのびやかさを高め、南面の大きな開口からは、以前のお住まいからの愛着のある庭や周囲の田園風景が広がります。「キッチンに立つと、外の景色が広がっていて気持ちがいいですね」と奥さま。

また、すっきりとくらせるよう、随所に収納を確保。将来、車椅子でも使いやすいようにトイレを拡張するなど、先々まで快適にくらせる配慮が生きています。

夫婦で庭を眺めながらコーヒーを飲んだり、週末はお孫さんたちがやってきて賑やかに食事を楽しんだり。平屋のお住まいで心地いいセカンドライフを満喫されています。

DATE

Kさま邸・茨城県
ご家族構成/ご主人・奥さま

●敷地面積
369.84u(111.87坪)
●延床面積
108.87u(32.93坪)

取材・撮影 平成27年7月

間取り

平屋の住まい特集

LINEはじめました。

サイトマップ