お友達家族とワイワイ楽しめる
伸びやかな住まい。

中央の床を下げたダウンフロアリビング。
ちょっと腰をかけるのにも便利です。

ご長男の勉強机として大活躍のスタディコーナー。

収納扉を閉めて勝手口を隠せば、
すっきり美しい空間に。

リビングを見渡せるアイランドキッチン。
お子さまを見守りながら安心して家事ができます。

お子さまたちがのびのびと、
元気に仲良く遊べる子ども室。

自転車や三輪車も置ける玄関。
大勢の来客時にも対応できる広さです。

キャンプ用品などもすっきりしまえて、
お子さまが自分で片付けられる広いシューズインクローク。

ご主人作の花壇があるお庭。お子さまたちと
いっしょにお花を大切に育てているそうです。

片流れ屋根のシンプルなフォルムを、
やわらかな印象の淡色のタイルが彩る外観。

お気に入りは、人が集えるLDKや
散らかりを隠せる広い玄関収納。

元々、近くのマンションにお住まいだったMさま。お子さまが2人になって手狭に感じていたときに、パナホームフェアでモデルハウスをご覧になられ、「ベビーカーで入れる玄関の広さに驚いた」のがきっかけで、パナホームを選ばれました。ご主人は「気軽に腰かけられるし、空間を広く感じる」とダウンフロアリビングがお気に入り。ご夫妻とも、お友達家族を招いて楽しく過ごされるのがお好きだそうで、「人が集えるところ」も評価されています。

奥さまは「玄関収納が広くて、扉を閉めると隠せるところ」が気に入っておられ、「友達や主婦仲間にも絶賛されているんですよ」とおっしゃいます。

子どもたちが感じたことやその日何を
したのかがわかる、兄弟の会話が面白い。

6歳と3歳のお子さまたちがいらっしゃる子育て真っ最中のMさまご夫妻。お子さまたちには「いろいろなことを経験させて、自分が興味を持ったことを思いっきりやってほしい。親としてそういう機会を与えながら、子どもの個性に合わせて伸ばしてあげたい」と考えておられます。

「学校から帰ってくるとお互いにその日あったことを話しているんです。子ども同士で一人前に会話しているのが面白くて」と、子育ての楽しさを日々感じておられる奥さま。「子どもたちが感じたことや今日何をしたのかもよくわかります」と話され、毎晩仕事で遅いご主人にもお子さまたちの成長の様子を伝えていらっしゃるそうです。

DATE

Mさま邸
ご家族構成/ご主人・奥さま・長男・次男

●延床面積
132.12u(39.96坪)
●1階床面積
73.23u(22.15坪)
●2階床面積
58.89u(17.81坪)

取材・撮影 平成27年5月

間取り

子育ての住まい提案

LINEはじめました。

サイトマップ