スタイリッシュな外観や快適で便利なプランが実現。
こだわりいっぱいの新居です。

東側から見た外観。
立体的な造形美を感じさせるスタイリッシュなデザインです。

大きな片流れ屋根は、全体を太陽光発電パネルで構成。
16.6kWの大容量を搭載しています。

3方を大きなガラス窓にしたビルトインガレージ。
室内からご主人お気に入りのスポーツカーが眺められます。

ナチュラルなインテリアのLDK。
リビングとDKの間に程よく仕切る壁を設け、ゆったり落ち着ける空間に。

ライトウッドの明るいインテリアに、北欧の名作チェアとテーブルをコーディネート。

奥さまが四季折々の演出を楽しまれる和室。
間接照明や網代天井を採用した、ハイグレードな和の空間です。

2階に設けられた本格的なシアタールーム。
「好きな映画を思う存分楽しんでいます」とご主人。

2階の一角に、バスルーム、洗面室、家事スペースをゆったりと配置されました。

柔軟な設計対応力で実現した
こだわりの外観デザイン。

千葉・九十九里浜を臨む閑静な住宅地に、こだわりいっぱいのご新居を実現されたKさまご夫妻。「信頼しているパナソニックの電器店さんからの紹介があり、パナホームのブランドにも信頼感があったから」とご主人。また東日本大震災の経験から耐震性能を重視。構造の強さが可能にした柔軟な設計対応力も決め手になりました。

外観は、ひときわ目を引くスタイリッシュなフォルムに太陽光発電パネルで構成された屋根を組み合わせ、アンテナなどは地下に配線して、未来的なデザインを実現。外壁は美しさが長持ちするキラテックタイルに。「シャープな外観に似合いますね。潮風にさらされる土地柄ですが、1年近く経った今も新築時と変わりません」とご主人は満足げに話されています。

毎日を楽しみ、家事もラクに。
住み心地のよさも実感。

プランニングではご夫妻それぞれのご要望を具体化。「室内から愛車を眺められるビルトインガレージや本格的なホームシアター、蔵書が多いので大きな書架や独立した書斎など、夢が実現しました」とご主人。奥さまは「家事がラクにできる動線」にこだわられました。1階は勝手口からユーティリティ、キッチンにつながり、買い物から調理までがスムーズに。2階はサニタリーや家事スペースを1カ所に集めて効率的な動線を実現されました。

「いろいろ要望しましたが、プロならではの提案で私たちのこだわりに応えていただきました。住んでみて感じたのが、室内の静かさと夏の涼しさ。とても快適です」とご夫妻は話されています。

DATE

Kさま邸・千葉県
ご家族構成/ご主人・奥さま

●敷地面積
421.96u(127.64坪)
●延床面積
246.29u(74.49坪)
●1 階面積
135.13u(40.87坪)
●2 階面積
111.16u(33.62坪)

取材・撮影 平成27年2月 

間取り

LINEはじめました。

サイトマップ