3階建で敷地を立体活用。
2、3階を結ぶ吹抜けが、家族の絆を育みます。

団らんの場となる2階のLDKは、吹抜けを2カ所設けた明るい空間。
階段も視線を遮らないシースルータイプにして、広さを演出しました。

家族と気軽にふれあえる開放的なDK。
「ダイニングとキッチンのつながりが一番大事」とおっしゃるご夫妻のイメージ通りです。

家族の楽しい時間が生まれるDK。
2つの吹抜けはお子さまたちのフロアである3階とつながり、家族の気配をやさしく伝えます。

3階から見た2階DK。吹抜けとシースルー階段が、明るくのびやかな空間を演出しています。

大きな窓を設けた主寝室は、シックなカラーコーディネートの落ち着ける空間。
石積み調のアクセントクロスが印象的です。

明るい日差しが入る3階の子ども室。勾配天井が低くなった部分を収納スペースとして有効活用しました。

奥行きがある廊下を大理石調の明るい床材で仕上げた玄関ホール。
階段下の空間を利用してエントランス収納を設けられています。

縦長のシルエットを白のキラテックタイルですっきり演出したUさま邸。
3階の斜めラインや広いバルコニーが外観のアクセントになっています。

自由設計の鉄骨構造で、
限られた敷地をフル活用。

土地の購入から家づくり計画をスタートされたUさま。重視されたのは、くらしや通勤の便利さとお子さまの教育環境。ご要望にぴったりだった土地は、間口が狭く東西に細長い形状でしたが、「パナホームは、他社では絶対に無理といわれた広い空間を提案してくれました」とご夫妻。鉄骨構造の強さが可能にした15cmきざみの自由度の高い設計と、斜線制限もクリアする独自の勾配架構で、限られた敷地を縦にも横にも有効活用されました。

外壁は、美しい表情を末長く保つ光触媒タイル「キラテック」の全面張り。市街地の街並みにも溶け込む、すっきりと洗練されたファサードを実現されています。

吹抜けのある2階のLDKは、
家族がふれあう明るい空間。

ご新居は、1階に主寝室やバスルームなどの水まわりを配置。2階全体を仕切りのないLDKとし、3階に子ども室を設けたプラン。2、3階を結ぶ吹抜けやシースルー階段がLDKを明るく演出し、団らんの気配を子ども室まで伝えます。

2階のLDKは、「道路からの視線が気にならず、くつろげますね」とご主人。ダイニングとひと続きになったオープンなキッチンは、パナソニックのリビングステーション。「お料理しながら家族と会話しやすい」と奥さまのお気に入り。「コンパクトでも窮屈さを感じずのびのびくらせる、イメージ通りの家ができました」とご夫妻。パナホームの設計提案力に高い評価をいただきました。

DATE

Uさま邸・愛知県
ご家族構成/ご主人・奥さま・長女・次女

●敷地面積
99.01u(29.95坪)
●延床面積
103.55u(31.32坪)
●1階面積
31.28u(9.46坪)
●2階面積
37.08u(11.21坪)
●3階面積
35.19u(10.64坪)

取材・撮影 平成25年2月

間取り

ビューノ

LINEはじめました。

サイトマップ