スマートシティにくらす、誇りと歓び。
この美しく安心にくらせる街は、人と環境へのやさしさでつくられています。

スマートな住まいを街全体へ、全国へ。いま各地に、新しいくらしの価値が広がっています。

地図をクリックしてください。

THE ISLES 〜ジ・アイルズ〜(千葉県浦安市) スマートシティ Fujisawa SST(神奈川県藤沢市) スマートシティ潮芦屋「そらしま」(兵庫県芦屋市)

パナホーム スマートシティ潮芦屋「そらしま」(兵庫県芦屋市) 日本初※1、戸建とマンションによる街全体でネット・ゼロ・エネルギーを実現。

芦屋・海の手リゾートに、美しい戸建街区と分譲マンションによる約480戸の街が誕生。戸建住宅には、太陽光発電を備えた「創蓄連携システム」を採用し、マンションは全住戸に家庭用燃料電池、屋上に太陽光発電を設置してW発電。街全体でのネット・ゼロ・エネルギーをいち早く実現します。
くらしをサポートするタウンマネジメントも充実し、快適で安心なくらしの始まりです。

※1:2013年8月現在。戸建住宅とマンションで構成する総戸数400戸超の大型分譲住宅団地において。当社調べ。



パナホーム スマートシティ Fujisawa SST(神奈川県藤沢市) 戸建街区はCO<sub>2</sub>排出量±0、非常時もエネルギー自立を実現。

パナソニックをはじめ、先進的な取り組みを進めるパートナー企業18社と藤沢市が官民一体で取り組む大規模開発事業「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」において、パナホームが手がける戸建住宅街区。全戸に「創蓄連携システム」を採用し、CO2排出量±0(ゼロ)を実現するとともに、停電時でも電力供給を可能にします。さらに、街全体でエネルギー情報を管理し、CO2排出の抑制を推進。この街に集う人々の声を活かしたタウンマネジメントにも努め、サスティナブルな街をかなえます。



パナホーム スマートシティ草津 (滋賀県草津市) スマートハウスが集合し、ネット・ゼロ・エネルギーの街を実現。

滋賀県草津市に、全87戸の分譲住宅団地が誕生。大容量太陽光発電システムを搭載したネット・ゼロ・エネルギー対応スマートハウス「エコ・コルディス」の積極的展開により、街全体でネット・ゼロ・エネルギーを実現します。
安全・安心で快適にくらせるよう、タウンセキュリティなども充実。親水空間ビオトープをはじめ、自然の恵みを生かした、環境と共生するくらしが始まっています。

※当物件の販売は終了しました。



THE ISLES 〜ジ・アイルズ〜(千葉県浦安市) 環境共生都市をめざす浦安市に、「暮らせるスマートリゾートの島」。

災害に強く環境にやさしい環境共生都市をめざす千葉県浦安市において、東日本大震災後初めて、パナホームをはじめとするハウスメーカー3社が共同で大型分譲を実施。それが、「暮らせるスマートリゾートの島」をコンセプトにした「THE ISLES(ジ・アイルズ)」です。
強固な液状化対策を行い、災害に強い街づくりを実践。それぞれ特徴あるスマートハウスを提供し、街全体の資産価値の向上をめざします。



パナホーム スマートシティ堺・初芝 (大阪府堺市) 関西で初となる、ネット・ゼロ・エネルギーの街。

歴史ある田園都市 大阪府堺市初芝で、街全体でネット・ゼロ・エネルギーのくらしが、すでに始まっています。58区画全戸にW発電などを標準装備。
地域の自然や生態系にも配慮され、田園都市の面影を未来へと受け継ぎます。

※当物件の販売は終了しました。


  • トップ
  • 全国のパナホーム スマートシティ
  • コンセプト
  • 家 スマートハウス
  • 街 街並み設計+タウンマネジメント

パナソニックが世界に発信する本格的な街まるごと「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」の街づくりにも参画

神奈川県藤沢市に誕生した「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、FujisawaSST)」は、パナソニックはじめ、パナホームを含む先進的な取り組みを進めるパートナー企業18社と藤沢市の官民一体で実現を目指す環境配慮型の街づくり。
くらしから発想し、100年先も“生きるエネルギーが生まれる街”を目指した、2018年度完成予定の大規模な開発事業です。

  • パナホーム スマートシティ フジサワサスティナブル・スマートタウン
  • Fujisawa サスティナブル・スマートタウン

ページの先頭に戻る