あなたと夢を、ごいっしょに。 PanaHome

CASART【カサート】 Share Days


CASART【カサート】Share Days 共働き・子育て家族のための住まい

コンセプト

共働き・子育て家族のための住まい、
シェアデイズに込めた思いをお伝えします。

私のカバンを夫が使ったり、夫の時計を私がはめたり。
もともと好きなものが似ている私たち。
インテリアも、誰かに見せるためじゃなく、
自分たちにとっての心地よさを大切にしたいと思う。
仕事は、ふたりとも好きだけれど
どっちのほうが大変かなんて競いあうより
お互い頑張ってるねって、認めあうほうがうまくいく。
家事だって、できるほうができるときにやればいい。
子育ても、それぞれに得意なことを生かせばいい。
そんな今どきのご家族のために、CASART「シェアデイズ」。
お気に入りのインテリアに囲まれて
忙しさは、なるべく減らせるように。
くつろぎの時間は、できるだけ増やせるように。
家族がいる日々の愛おしさを、
みんなで分かち合える住まいです。

私のカバンを夫が使ったり、夫の時計を私がはめたり。
もともと好きなものが似ている私たち。
インテリアも、誰かに見せるためじゃなく、
自分たちにとっての心地よさを大切にしたいと思う。
仕事は、ふたりとも好きだけれど
どっちのほうが大変かなんて競いあうより
お互い頑張ってるねって、認めあうほうがうまくいく。
家事だって、できるほうができるときにやればいい。
子育ても、それぞれに得意なことを生かせばいい。
そんな今どきのご家族のために、CASART「シェアデイズ」。
お気に入りのインテリアに囲まれて
忙しさは、なるべく減らせるように。
くつろぎの時間は、できるだけ増やせるように。
家族がいる日々の愛おしさを、
みんなで分かち合える住まいです。

「いま」も「これから」もずっとくらしやすい

それがシェアデイズ



仕事に家事に、子育てに…と多忙な「いま」も、やがて子どもが巣立ち、夫婦ふたりの生活となる「これから」も、ずっと快適なくらしを楽しんでいただきたいから。シェアデイズでは、今のくらしにフィットするだけでなく、将来を見越して空間を柔軟に変化させられるように考えておく「先読み設計」をベースに、家事をラクに、くらしを楽しくする「家事楽スタイル」と、子育てがもっと楽しくなる「KodoMotto(こどもっと)」のアイディアで、居心地のいい住まいを実現します。

ベースになっている考え方は、 パナホーム独自の先読み設計®

結婚から子どもの誕生、学童期、自立期、定年〜高齢期まで、生涯にわたって快適に住んでいただけるように。パナホームでは、その時々のライフステージ、ライフスタイルに合わせてしなやかに空間の使い方や間取りを変化させられる「先読み設計」をご提案しています。たとえば育児休業中は、家事をしながらでも子どもを見守れる安心感を大切に。職場に完全復帰するようになれば、遊びや勉強は親がサポートしながらも、寝る場所は分けて自立を促すように…。家族の健やかな成長に応え、末長く快適にくらせる住まいをご提案します。

「先読み設計」を基本に共働きや子育てへの配慮をプラス

家事楽Rスタイル

忙しいからこそ、家族で家事をシェア

毎日の家事は、間取りや動線、設備を工夫することでもっとラクになります。家事がラクになれば、時間のゆとりや家族のふれあいが生まれ、もっとくらしが楽しくなるはず…。そんな発想のもと、家事にまつわる長年の研究によって生まれた「家事楽スタイル」。いつまでも家族で協力して家事ができる工夫がいっぱいです

※「先読み設計」「 家事楽」「 KodoMotto」 は当社の登録商標です。

KodoMottoR

子どもとの時間をもっと楽しく 「KodoMotto」が第10回(2016年度)キッズデザイン賞※を受賞しました。

宿題や勉強をどこでさせる?どんどん増える子どもの物をどこにしまう?安心して遊べる場所は?生活習慣を身につけさせるには?…など、子育て期に考えておきたいことはたくさんあります。子どもと、もっとしあわせに、もっと楽しくくらせるように、パナホームがご提案する「KodoMotto」の考え方を盛り込んだ住まいづくりをご提案します。

※キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ため、す べての製品・空間・サービスで優れたものを選び、普及するための顕彰制度です。

パナホーム HOME