医療・介護事業 TOP > 介護事業 TOP > 介護付有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の比較

介護付き有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅の比較 入居系施設としてニーズの高い「介護付有料老人ホーム」と「サービス付き高齢者向け住宅」
の比較をご案内いたします。介護付有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅の事業を
お考えの事業者さまはこれからの事業展開のご参考に、パナホームの実例をご覧ください。

施設名称 介護付有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅
施設姿図
(イメージ)
介護付有料老人ホーム 高齢者住宅
住宅形態  介護保険法で定めた介護サービスを行う特定施設  主に賃貸住宅
契約形態  主に利用権契約  主に賃貸借契約
監督官庁  厚労省  国交省・厚労省共管
主な特徴 ・介護保険の包括請求可能
・入居者を確保すれば、経営安定
・運営の自由度高い
・自社の特徴を出しやすい
補足内容
  • ※有料老人ホームは他に2つのタイプがあります。
      ・利用者が介護サービスを個別契約する「住宅型有料老人ホーム」
      ・介護が必要になれば退去する「健康型有料老人ホーム」
  • ※「サービス付き高齢者向け住宅」として登録するには、バリアフリーなどの一定の基準を満たした建物とするほか
      ・生活サービス(安否確認・生活相談)などの提供
      ・前払い家賃の保全措置
      などが必要です。
参考実例 介護付有料老人ホーム 実例はこちら 医療法人運営 実例はこちら 民間介護事業所運営 実例はこちら

機能特化型の経営実例、全国各地に続々誕生!最新実例はこちらからご覧いただけます。

ページの先頭に戻る

事業のご相談、新たな事業展開に役立つ資料はこちら