医療・介護事業 TOP > 実例 TOP > アクティブ・デイサービス「楓」 / サービス付き高齢者向け住宅「紅葉(もみじ) 」

サ付き住宅(サ高住)とデイサービスを同時に開設。先祖の残した土地を活用した医療・介護拠点が誕生しました。

アクティブ・デイサービス「楓」 / サービス付き高齢者向け住宅「紅葉(もみじ) 」

株式会社兼重(かねじゅう)(茨城県取手市)

外観写真

茨城県南部に位置し、古くは利根川の水運を活かした宿場町として栄え、現在は東京のベッドタウンとして知られる取手市。
「地域を支える高齢者向けの住宅をつくりたい」という、同地で生まれ育った一人の医師の思いから誕生した
医療・介護の拠点が完成しました。
健常者と要介護者が居住する、2階建・30戸のサービス付き高齢者向け住宅では、入居者の"したいことができる"環境が充実。
デイサービスでは、常駐する理学療法士と作業療法士が連携して、質の高いリハビリをお届けしています。
さらに、広い敷地内では診療所と遊歩道でつながっています。

玄関写真

木のぬくもりあふれる玄関。車いすでもスムーズに出入りできるバリアフリー仕様です。

デイルーム写真

勾配天井を採用し、開放感あふれるデイルーム。リハビリ機器も充実しています。

浴室写真

広びろとした洗面脱衣室と2室連結の浴室。安全で効率的な介助ができる設計です。

静養室写真

リハビリ用のベッドを備えた静養室。

トイレ写真

広い空間と清潔感あふれるトイレ。

サンルーム写真

散歩コース隣接のサンルーム。冬でも日向ぼっこが楽しめます。

玄関写真

ぬくもりある木柄を基調とした明るく開放感いっぱいの玄関。

デイルーム写真

入居者がわかりやすいように、各居室ごとに扉の色柄を変えています。

浴室写真

車いす対応のトイレ・洗面、クローゼットを完備した居室(全個室)。ベッドやタンスを置いても広びろしています。

静養室写真

暖かな色合いのインテリア・家具を採用した食堂兼リビング。入居者がわが家にいるように過ごせます。

トイレ写真

入居者同士のコミュニケーションを育む談話室。

サンルーム写真

1・2階とも個室浴室を設置しています。

実例TOPへ