医療・介護事業 TOP > 高齢者住宅 TOP > 進化するケア付高齢者住宅モデル

特集 ”高齢者住宅”成功のポイントを集約! 進化するケア付高齢者住宅モデル 地域貢献をめざして、医療・介護事業者さまが取り組むケア付高齢者住宅事業。事業者様の課題・ニーズに対応し、その中で、機能を特化した成功する4つのモデルをご紹介。

診療所を核に看護・介護を提供する住まい

重度対応モデル

重度対応モデル図

全国的に家庭での介護力が低下している中、重度要介護高齢者、医療依存度の高い高齢者への対応は、地域のセーフティーネット構築に欠かせない重度課題です。本モデルは、病院・診療所・訪問看護との併設・機能連携により、これら重度者に対応し、看取りまでカバーする新たな多機能サービスといえます。


ページの先頭に戻る

重度の要介護・認知症高齢者に対応する高齢者住宅。

認知症対応モデル

認知症対応モデル図

2010年現在200万人とも言われる認知症高齢者。2025年にはその数320万人になると推計されます。総量規制が行われ介護施設の開設数が需要に追いつかない今、病院・診療所での治療実績や、 グループホーム経営による認知症対応のノウハウをベースに、 認知症高齢者を積極的に受け入れる多機能モデルが脚光を浴びています。


ページの先頭に戻る

地域で医療・介護のハブ機能を発揮。

地域医療・介護のハブ機能モデル

地域医療・介護のハブ機能モデル図

政策的に進められる病院の在院期間短縮。急性期や回復期リハビリテーション病棟などに取り組む、地域病院は退院先の確保ができず、苦慮しています。こうした早期退院の受け皿として機能を発揮する多機能型高齢者住宅や、過疎高齢化の進む地方で、医療・介護のハブ機能を果たす多機能型高齢者住宅が注目を集めています。

  • [先進モデル]
  • 診療所医療法人社団駿甲会様
  • 地域のための「コミュニティーホスピタル」を理念とする病院がケア付高齢者住宅を開設。

ページの先頭に戻る

往診、調剤、看護、介護を提供し、最高のパフォーマンスを発揮。

小規模高パフォーマンスモデル

小規模高パフォーマンスモデル図

融資額も限られ大型投資の難しい経済状況の中、高齢化は進行し、入居ニーズはますます高まっています。こうした中、高機能・高収益性を追求することで安定した経営力を発揮する小規模の事業モデルが各地でスポットを浴びています。小規模施設を複数開設することでスケールメリットを産み出すことも可能です。


ページの先頭に戻る

事業のご相談、新たな事業展開に役立つ資料はこちら

ページの先頭に戻る