パナホーム不動産 TOP > オーナーさまへ TOP > 経営サポートシステム

経営サポートシステム オーナーさまにひとクラス上の安心経営をお届けします

トータルサポートシステム 不意の出費となる原状回復のリスクを軽減します

国土交通省による「原状回復をめぐるガイドライン」により、各住戸における設備・仕様等の「経年劣化」や「通常損耗」については、オーナーさまにご負担いただくことになります。どのくらいの頻度で、どの程度の費用がかかるか予測がつきにくいこの原状回復のリスクをサポートするのが、パナホーム不動産の「トータルサポートシステム」です。一括借上げ契約による収入の安定に、突発的な原状回復の出費をカバーする保守委託契約をプラス。オーナーさまの安心経営をトータルにバックアップします。

トータルサポートシステム(保守委託契約)のしくみ)

毎月一定額の保守委託料をお支払いいただくことにより、突発的に発生する原状回復の費用(オーナーさまご負担分)をパナホーム不動産が負担するシステムです。原状回復の受け付けや実施から、故意・過失等があった場合の入居者さまご負担分の精算まで、すべてパナホーム不動産が行いますので、オーナーさまは原状回復に煩わされることがない上に、急な出費を平均化させ、安定した収支計画が立てやすくなります。

トータルサポートシステム(保守委託契約)のしくみ)図

※地域や条件によってはご利用いただけない場合がありますので、お問い合わせください。

リフレッシュ積立 将来のリフレッシュ工事も備えがあるから安心

賃貸住宅の美観維持に必要なリフレッシュ工事の費用の一部をお積み立ていただくシステムです。将来の費用負担に備えることで経営が安定。積み立てた資金で計画的にリフレッシュ工事を行うことで、外観感性や建物の品質など、賃貸住宅の資産価値を長く維持することができます。

リフレッシュ工事金積立制度のしくみ図

リフレッシュ工事金積立制度のしくみ

オーナーさまに代わり、パナホーム不動産が毎月オーナーさまに送金する借上げ賃料からリフレッシュ工事の積立金を控除し、提携金融機関に送金。金融機関が個々のオーナーさまの信託口座に資金を積み立てるシステムです。 ※一括借上げシステムをご利用の場合、原則としてリフレッシュ積立をご契約いただきます。詳しい内容はお近くの営業所までお問い合わせください。


ページの先頭に戻る