新潟二世帯スタイル

家族が楽しく集うスマート二世帯住宅「新潟二世帯スタイル」

二世帯住宅「新潟二世帯スタイル」

二世帯同居をはじめてよかった!という声がこんなにあります

生活者の体験を基にした快適に同居するためのヒントとは?

二世帯同居にして、つくって良かった空間は、家族団らんの場

二世帯同居して良かったと感じる理由で最も多かったのは、世帯間や孫との交流でした。親世帯、子世帯が同一に集うリビング、ダイニングが全体の7割を占めます。こうした空間の快適性を高めることで、二世帯同居の交流も深まり、満足度も一段と高まることでしょう。

同居してストレスを感じるのは収入の不足、世帯間の気遣い

いざ、親世帯と子世帯がいっしょにくらすとなると、限られたスペースでは、さまざまな干渉が生じます。アンケートでは、同居してストレスを感じることは「収入が足りない・片付かない」「世帯間の生活音」が気になるといった意見が上位を占めています。こうしたストレスを抱えないためにも、二世帯の所有物がすっくりと収まる収納の確保に加え、あらかじめ、生活空間の配置やゾーイング計画に対して綿密な検討をしておくことが必要になります。

分離したいのは、生活時間のずれる空間、嗜好が異なる場、忙しい時間に使う場所

分離したい空間は、キッチン、浴室、洗面脱衣所、玄関が上位に。キッチンや浴室は、世代間でのずれがあっても自分のペースで利用したい場として、また、洗面台や玄関は、慌ただしい朝などに重なって困ることなどが主な理由となっています。

二世帯同居による収納の困りごとは、共有空間の収納不足、世界間の曖昧さ

二世帯家族に共通しているのは、収納量が足りないということ。収納場所としての使用範囲が曖昧だったり、モノの定位置が決まっていないと、どちらかの世帯の収納物がスペースを占領してしまいます。そうした収納不足の問題は、家族内に大きなストレスを抱える原因となります。

実際に二世帯でくらすご家族を対象にパナホームが行った生活者アンケートの結果をご紹介しました。
二世帯をはじめてよかったという声が多い反面、二世帯でくらすことによってストレスが生じる空間も見えてきます。
こうした実体験の声を基に、パナホームでは快適な二世帯同居をご提案いたします。