企業情報 TOP > ニュース TOP > ニュースリリース > インターネット光回線『パナホーム光』を提供 スマホアプリによる情報提供サービスを開始

お施主さま向けの通信基盤サービスを拡充
インターネット光回線『パナホーム光』を提供
スマホアプリによる情報提供サービスを開始
HEMSとインターネットの連携で、安心・快適・省エネなくらしを提案

2017年9月15日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二)は、お施主さまに向けた通信基盤の拡充として、インターネット光回線『パナホーム光』の提供と、スマートフォンのアプリによる機器メンテナンスや災害に関連する情報提供サービス『くらしサービス』を今年8月から開始、インターネットとHEMSを連携させ、より安心・快適で省エネルギーなくらしの提案を目指してまいります。

『パナホーム光』は、東日本電信電話株式会社(以下NTT東日本)・西日本電信電話株式会社(以下NTT西日本)が提供する「光コラボレーションモデル」※1を活用し、当社のお施主さまへインターネットの光回線を提供いたします※2。面倒な手続きや設定をパナホームに一本化し、新居への入居と同時にインターネット・電話・テレビが利用できるほか、サポートサービスはお施主さま専用窓口で対応します。料金プランは、用途や頻度に合わせて多彩に用意しています。

また、『くらしサービス』は、宅内に設置するパナソニック製「スマートHEMS」と「プライベート・ビエラ」※3の機器メンテナンスや当社のカスタマーサービス、季候・災害等に関連する情報を、お施主さまのスマートフォンに導入したアプリを通じて配信するサービス。お施主さまは、「スマートHEMS」と「プライベート・ビエラ」によるエネルギー消費等に関する情報のほか、従来以上に多様な情報をタイムリーに入手することが可能となります。

『パナホーム光』ロゴ画像
『パナホーム光』ロゴ

● 『パナホーム光』の概要

【3つのポイント】

(1)「手間なく使える」
インターネットの面倒な手続きや設定は全てパナホームが実施。新居への入居と同時にインターネット(Wi-Fi※4、プロバイダ装備)・電話・テレビが利用できます。
(2)「ずっと安心」
接続トラブル等のお困り事には、お施主さま専用窓口で対応。契約期間の条件や解約金の設定もありません。
(3)「くらしを快適に」
Wi-Fiを標準装備。配線なしで家中どこでもインターネットが楽しめます。

【使えるサービス】

(1)インターネット
無線機能付のホームゲートウェイ(レンタル機器)を接続すれば、家中をWi-Fiでつなげ、対応機器をネットワーク化することで、遠隔の録画予約や印刷等、さまざまな制御ができます。

(2)テレビ
『パナホーム光』ではテレビの視聴も可能※5。アンテナを設置することなく、地上波デジタル放送や衛星放送が楽しめます。また、光回線経由で受信するので、悪天候時においても安定した受信ができます。衛星放送のBS波は全30チャンネルの受信が可能です。
(3)電話
『パナホーム光』の電話サービスは、電話番号も電話機も契約前のものが継続して使用できます※6
名称パナホーム光
利用対象者パナホーム戸建住宅を新築いただいたお施主さま
サービス開始時期 2017年8月
サービス地域 NTT東日本・NTT西日本のサービスエリアに準ずる
月額利用料
(消費税込み)
  • パナホーム光インターネット(Wi-Fi、プロバイダ料金込み)
    • 【定額制】ハイスピードプラン 4,760円
    • 【2段階定額制】ライトプラン  3,780円〜5,480円
  • パナホーム光テレビ 660円
  • パナホーム光電話 500円
  • リモートサポートサービス 500円
サービス提供者 パナホーム株式会社

● 『くらしサービス』の概要

パナソニックの「スマートHEMS」は、家全体の消費電力や水道・ガスの使用量だけでなく、部屋ごとのエネルギー消費量も見える化して、住む人の省エネ意識を高め、省エネ行動を促すシステム。エネルギー消費量が大きいエアコン・エコキュート・IHクッキングヒーター等の機器を自動制御し、電力消費のピーク時にはエネルギー消費を抑制する機能も備えています。

また、コントローラーには、家中持ち運べる「プライベート・ビエラ」(住宅機器コントローラーモデル)を採用。宅内であれば、「AiSEG」※3と連携することでエアコンや照明を遠隔操作でON・OFFできたり、窓・シャッター、玄関の電気錠等の対応機器もコントロールすることができるほか、テレビや録画番組を見たり、番組の録画予約も可能です。

さらに、今回新しく開始する『くらしサービス』は、「スマートHEMS」からスマートフォンのアプリに、「消耗品の定期のご案内」、「定期点検のご案内とお手入れのアドバイス」、「季候のメッセージ」、「災害の事前アドバイス 」等を提供予定。住む人のより安全・快適で便利なくらしの実現に向けたサポートを行います。

  1. ※ 1:NTT東日本・NTT西日本から「フレッツ光」などの提供を受けた事業者が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、サービスを提供するモデル
  2. ※ 2:NTT東日本・NTT西日本管内においても、インターネット・テレビ・電話が利用できない地域が一部あります
  3. ※ 3:「スマートHEMS」「VIERA(ビエラ)」「AiSEG」はパナソニックグループの登録商標
  4. ※ 4:パソコンやテレビ、スマホ、タブレット等のネットワーク接続に対応した機器を、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)に接続する技術のこと
  5. ※ 5:視聴できない地域が一部あります。また、視聴可能地域においても設備状況の事情で視聴できない場合があります
  6. ※ 6:移転等により継続利用できない電話番号、電話機があります
ページの先頭に戻る