企業情報 TOP > ニュース TOP > ニュースリリース > 『エアロハス』の採用住宅を拡大

工業化住宅業界初 新概念の換気・空調システム
『エアロハス』の採用住宅を拡大
「空気の質」を究めた健康・快適なくらしを提案

2017年8月4日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二)では、2017年4月新発売の戸建住宅のフラッグシップ商品「カサート プレミアム」に標準装備している、工業化住宅業界初※1 新概念の換気・空調システム『エアロハス』の採用住宅を拡大。8月より、制震鉄骨軸組構造の「カサート」シリーズにもオプションで展開を図ります。

『エアロハス』は、パナソニックの「専用エアコン+換気システム」による換気・空調システムで、家中を快適な温度に保ちながら、自然の力(地熱)の活用と各室を温度センサーで制御することにより、快適性と省エネを実現し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)※2の対応も容易にします。

『エアロハス』は、4月の新発売以降7月までに約60棟を受注。当初目標(年間100棟)の過半を4ヶ月で達成し、進捗率は180%に及んでいます。発売後の商談・受注結果から、住宅の購入を検討されているお客さまにおいては、空気環境に高い関心をお持ちの方が多いことが伺えます。

『エアロハス』を採用いただいたお客さまからは、同システムの特長である、

  1. 家の中の温度ムラが少ない温度バリアフリーと好みに応じた部屋ごとの温度調整
  2. 花粉はもちろんPM2.5※3や、さらに細かいPM0.5※4にも対応できる空気浄化能力※5と、こだわりのカビ対策(高い除湿能力で夏場も快適、空調OFFでもダクト内のカビを抑制)
  3. 地熱利用、各室温度調整、高断熱な建物 等による光熱費の低減

について評価をいただいています。さらに、室内に壁付エアコンがない、屋外にエアコン配管がない等、デザインのノイズレスを実現した点においても高い共感と納得をいただいています。

イメージ画像:エアロハス採用のダイニング
『エアロハス』の採用でエアコンや垂壁が無く
すっきりと広がるダイニング

■工業化住宅業界初 新概念の換気・空調システム『エアロハス』について

『エアロハス』は、当社が創業以来50年以上にわたる住宅事業で培った技術と、パナソニックの最新の空質技術を融合。一般的な全館空調の不満点を改善し、さらにさまざまな特長を備えた快適・新空調システムです。

●『エアロハス』による換気・空調のイメージ

画像:『エアロハス』による換気・空調のイメージ

■お客さまによる『エアロハス』の評価

『エアロハス』を採用いただいたお客さまごとに共感・納得のポイントは異なりますが、とりわけ、温度調整機能や空気浄化機能、省エネ性能については、総じてお客さまからご好評をいただき、採用の動機となっています。

【温度調整機能】

画像:温度調整機能の評価

評価のポイント

■個別の温度調整
→家族の好みの温度に合わせて、各個室の温度設定が可能
■空調OFFが可能
→気持ちよい季節や長期不在時には、空調を止めることができる。(おでかけ設定)

評価をいただいたお客さま

  • ご年配の方
  • ヒートショックの経験のある方
  • 医療機関にお勤めの方
  • ペットを飼われている方

【空気浄化機能】

画像:空気浄化機能の評価

評価のポイント

■カビ対策
→HEPAフィルターでカビ胞子を低減。ダクト内は常に換気の気流があり、カビが着床しにくい
■お手入れが簡単
→HEPAフィルターは浄化能力が高いのに、掃除は6ヶ月に1回で済む

評価をいただいたお客さま

  • お子さま、赤ちゃんのいる方
  • 医療機関にお勤めの方
  • アレル物質や花粉が気になる方
  • 空気の汚れが気になる方(空気清浄機をお持ちの方)

【省エネ性能】

画像:省エネ性能の評価

評価のポイント

■電気代が安い
→地熱利用、各室温度調整、エコナビ※6などにより、一般的な全館空調よりも電気代を56%低減※7

【その他】

画像:その他の評価

評価のポイント

■デザインのノイズレス
  • 各室の壁付エアコンが不要で見た目がすっきり
  • 室外機が1台で済むため、屋外に各室のエアコン配管がない

当社は、より多くのお客さまに「空気の質」を極めた健康・快適なくらしをお届けするため、今後、『エアロハス』の対応商品の拡大と同時に、目に見えない空気をお客さまにご理解いただけるよう、体感拠点の整備を進めていきます。

  1. ※ 1:粒径0.3μm(マイクロメートル)の粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の全館空調システムとして、工業化住宅業界初。2017年3月時点 パナホーム調べ。1μmは1mmの1000分の1
  2. ※ 2:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス。国が2020年までに標準的な新築住宅として実現を目指すもので、住宅の躯体・設備の省エネ性能向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ、または概ねゼロとなる住宅
  3. ※ 3:PM2.5は粒径が2.5μm以下の微小粒子状物質の総称。
  4. ※ 4:PM0.5は粒径が0.5μm以下の微小粒子状物質の総称。
  5. ※ 5:HEPAフィルターの工場出荷時の性能値であり、換気システム全体の性能値ではありません。(JIS規格による)
  6. ※ 6:「ECONAVI(エコナビ)」はパナソニックグループの登録商標
  7. ※ 7:<試算条件>パナホーム(高断熱住宅)における一般的全館空調と『エアロハス』のコスト比較・一般的全館空調はダクト式セントラル空調を採用・気象条件:標準気象データ(大阪・6地域)・延床面積:123㎡・生活スケジュール:4人家族の想定生活スケジュール・熱負荷計算ソフト:Sim/Heat(建築環境ソリューションズ)・空調エネルギー試算条件:「建築研究所WebプログラムVer.2.0」計算シート(ダクト式セントラル空調)にて試算。・生活/発熱スケジュール設定条件:自立循環スケジュールを適用。・光熱費試算条件:2016年4月現在の関西電力料金単価で試算。「関西電力料金単価はぴeタイム従量料金(燃料調整費・再生可能エネルギー賦課金含まず)・開口条件:2017年標準仕様(アルゴン+アルミスペーサー)にて試算 ※シミュレーションによる比較です。気象条件、プラン、生活スタイルなどの諸条件により異なります

標準仕様とされている内容は当社推奨のものであり、お客様のご要望・建築地域・販売会社その他の要因により、採用・搭載されない場合があります。

【ご参考】

関連ページ

ページの先頭に戻る