企業情報 TOP > ニュース TOP > ニュースリリース > APEC「ESCIベスト・プラクティス・アワード」で金賞受賞

日本初 スマートビルディング部門での受賞
APEC「ESCIベスト・プラクティス・アワード」で金賞受賞
パナホームの街づくり事業 スマートシティ潮芦屋「そらしま」

2017年5月17日

English (PDF:608KB)

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二)では、兵庫県芦屋市で開発中のスマートシティ潮芦屋「そらしま」が、このたびAPEC(アジア太平洋経済協力)の第3回「ESCIベスト・プラクティス・アワード」の「スマートビルディング」部門で金賞を受賞しました。これは、パナホームの高い住宅性能とパナソニックの創エネ・蓄エネ・省エネ技術の融合により、約500戸のスマートハウス・スマートマンションに新たな付加価値を提供した街づくり事業として高く評価されたものです。同表彰における「スマートビルディング」部門での金賞受賞は日本で初めてとなります。表彰式は、4月24日にマンダリンオーチャードシンガポールホテルで開催され、当社を含む、5部門10企業・団体が金・銀賞を受賞しました。

■ 受賞のポイント

  1. 行政(兵庫県企業庁)と連携し、自然環境を守りながら再生可能エネルギーを最大活用した大規模な街づくり(約500戸)である点
  2. スマートハウス(約420戸)は、省エネ性の高い建物と各住宅に設置された太陽光・蓄電池の連携でエネルギー効率を高めるとともに、耐震構造や劣化防止、室内空気環境の向上など高付加価値化を図っている点
  3. 3棟で構成されるスマートマンション(全83戸)は全戸に燃料電池を装備し、光熱費削減に寄与。さらに、共用部に太陽光発電・大型蓄電池を備えることで、創出されるエネルギー総量が年間199MWとなり、マンション全体で消費するエネルギー量に匹敵する点

■ 受賞概要

受賞名ESCI ベスト・プラクティス・アワード スマートビルディング部門「金賞」
受賞日2017年4月24日
対象スマートシティ潮芦屋「そらしま」
主催ESCI(エネルギー・スマートコミュニティ・イニシアティブ):
Energy Smart Communities Initiative
※2010年APEC横浜会議で立ち上げられたネットワークで、APEC参加国・地域が連携し、最新技術の導入を通じ、「スマートビルディング」、「スマートグリッド」、「ローカーボンモデルタウン」、「スマートジョブ&コンシューマー」、「スマートトランスポート」の5分野でプロジェクトを推進

写真:表彰式風景写真:表彰盾
左:表彰式風景 右:表彰盾

■ スマートシティ潮芦屋「そらしま」概要

兵庫県芦屋市の主導で整備された山と海を一望できる広大な埋立地(兵庫県芦屋市涼風町29-10他)に、当社が2012年より単独で開発を進めているスマートシティ。計画戸数約500戸の住宅開発事業において、「スマートエネルギー」、「タウンデザイン」、「タウンマネジメント」をコンセプトに自然環境を守りながら、再生可能エネルギーを最大限活用した街づくりを行い、2023年の完成を目指しています。

これまでに戸建住宅は約200区画の開発が進み、マンション(全83戸)は完売。現在、約200世帯600人が暮らしており、最終的には約1,500人規模の人口が見込まれます。優れたエネルギー技術採用による省エネ性向上とランニングコスト低減を図るほか、タウンデザインでは道路や建物の配置による防犯性・安全性の向上、デザインコードによる街の景観形成などで、付加価値の高い街づくりを行っています。

また、タウンマネジメントでは街の防犯や防災、美化活動などを住民主体の活動として推進し、住民コミュニティの形成を促す仕組みづくりも行っています。

写真:戸建住宅写真:3棟からなるマンションとコミュニティセンター
左:戸建住宅、右:3棟からなるマンションとコミュニティセンター


■ ご参考

第3回APEC「ESCIベスト・プラクティス・アワード」受賞事例(英語)


関連ページ

ページの先頭に戻る