企業情報 TOP > ニュース TOP > ニュースリリース > 戸建住宅のフラッグシップ商品 『カサート プレミアム』新発売

工業化住宅業界初 新概念の空調システムを搭載
戸建住宅のフラッグシップ商品 『カサート プレミアム』新発売
「空気の質」を究めて健康被害の解決を目指す

2017年4月7日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二)は、このたび、工業化住宅業界で初めてとなる新概念の空調システムを搭載した戸建住宅のフラッグシップ商品『カサート プレミアム』を4月8日より新発売いたします。

昨今の日本では、住宅内の温度環境が原因となるヒートショック※1の死者が年間17,000人以上にのぼり※2、花粉症やPM2.5による健康被害も大きな課題となっています。また、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)※3やエネルギー自給自足に向けた住まいを推進する動きもあります。
『カサート プレミアム』は、工業化住宅業界で初めてとなる※4、新しい概念の空調システム、快適・新空調「エアロハス」を搭載。構造やデザインの進化はもちろん、社会課題である「空気の質」をこれからのプレミアム住宅の新しい選択軸として提唱するものです。

『カサート プレミアム』は、自分を高め、上質で豊かなくらしを求める40歳代〜50歳代半ばのエスタブリッシュメント(マテリアル世代)※5の感性や価値観に応えるフラッグシップ商品として展開します。


『カサート プレミアム』外観

■ 開発の背景

近年におけるヒートショックの死者は年間17,000人以上にのぼり、交通事故死者数(年間約4,000人)※6の約4倍となっています。住宅内でヒートショックを引き起こす大きな原因は室内の温度差であり、特に衣服の脱衣を伴う浴室・洗面室やトイレ等において、事故が高い確率で発生しています。

また、近年、大気汚染物質はゆるやかな減少傾向※7にあるものの、肺がんによる死亡率は増加しており※8、その要因として空気中の微小粒子PM2.5が注目されています。

これらの傾向から、「空気の質」は現代の社会課題と言え、健康で快適なくらしの実現のための大切な要素であるとともに、住まいに求められる重要機能でもあります。

また一方で、深刻化する日本のエネルギー事情をはじめ、少子高齢社会がもたらす空き家の増加や良質な住宅ストック不足など、住宅にまつわる社会課題も依然としてあります。

国策によるZEHや、将来の世代に継承できる良質な価値「いいものを作って、きちんと手入れして、長く大切に使う」について、より一層の普及促進が、住宅業界に求められています。

■ 『カサート プレミアム』の特長

『カサート プレミアム』は、住宅を取り巻く社会課題(健康被害・エネルギー問題・良質な住宅ストックの不足)の解決を目指し、新しいくらし価値を提供します。

当社は、創業以来50年以上にわたり、快適や空気質にこだわってきました。このたび新しい概念の空調システムとして、パナソニックグループの最新技術を融合させ、住む人の健康と快適に配慮した、快適・新空調「エアロハス」を開発。同システムは、「専用エアコン+換気システム」による換気・空調システムで、(1)家の中の温度ムラが少ない温度バリアフリーと好みに応じた部屋ごとの温度調整 (2)こだわりのカビ対策(夏場の除湿、空調OFF時のダクト内・室内) (3)地熱活用と高断熱な建物 等による省エネ (4)PM2.5にも対応できる空気浄化能力 をはじめとするさまざまな特長を備えています。

『カサート プレミアム』は、住まいの構造やデザインの進化はもちろん、「空気の質」までも究めて、これからのプレミアム住宅の新しい選択軸として提唱していきます。

●『カサート プレミアム』 3つの価値提供

  1. 新技術による新しいくらし価値
  2. 高級住宅としての美的価値
  3. 進化した住まいの機能価値

(1)今まで実現できなかったくらし価値

1.夏でも冬でも温度差の少ない、心地よい吹き抜け空間

一般的に、吹き抜けのニーズはあるものの、不満も多い傾向にあります。『カサート プレミアム』が提案する吹き抜けは、耐震性と設計の自由度が高い構造と、ワンランク上の断熱性を備えたハイグレードサッシに加え、快適・新空調「エアロハス」がもたらす空気環境により、新しいくらし価値を生み出す空間となります。

  • 季節とくらしがつながる空間
  • ゲストをもてなす一番の場所
  • 家族が集まるリビング、スローライフを楽しむ
  • 吹き抜け高さ5.4mでも、上下温度差0.9℃を実現
  • 業界最小※9の15cmモジュールで、きめ細かなプラン対応を可能に

2.気兼ねなく過ごせる、都会のプライベートコート


深い軒下のテラスとハイウォールバルコニーのあるプライベートバスコート

2mの深い軒下のテラスと、ハイウォールバルコニーがプライベートな空間を演出します。

  • アウトドアファニチャーでくつろぐ屋外リビング
  • 家で愉しむ マイホームグランピング
  • 毎日自分を癒すプライベートバスコート

3.緩やかに家族と繋がる


『シェアステージ階段』を設けた吹き抜け

通り過ぎるだけの階段の踊り場が、快適な居場所になります。

  • 家族の気配を感じる
  • アートを飾る、自分個展を開く
  • 階段を上り下りするたびに、心がはずむ
  • 階段の踊り場空間に、家族の思い出や趣味のアイテムをレイアウトできる『シェアステージ階段』

(2)高級住宅としての“美的価値”

1.美しい外観/街の景観をつくる

建物の外観においては、道行く人の視線に入る重厚な外壁と美しい軒先にこだわりました。

2.重厚な外壁と、美しい軒先


重量タイルと天然石材の本物素材


エアコンダクトがないすっきりしたデザイン


シャープな表情を演出する軒先「ルーフフレームS」

3.無駄を削ぎ落とした 上質な心地よい空間デザイン


エアコンや垂壁が無くすっきりと広がるダイニング

快適・新空調「エアロハス」に加え、断熱性が高いハイグレードサッシが実現する天井までの大開口やトール建具により、エアコンや垂壁が無いすっきりと広がる空間を実現。

(3)進化した住まいの“機能価値”
パナホームが大切にする住まいづくりの3原則「構造・空気・時間」の進化

1.地震に強い構造の進化:より強く〜繰り返す地震への耐震性能を向上〜

震度7なら200回以上に相当※10する揺れにも、優れた耐震性能を発揮。
パナホーム専用の低降伏点鋼を開発。工業化住宅業界初※11の合金めっきされた低降伏点鋼(大臣認定)を斜材プレートに採用した耐力壁「アタックダンパー」により、従来に比べ、地震エネルギーの吸収能力が大幅にアップ。繰り返す地震への耐震性能を向上させました。


左:アタックフレーム
右:アタックダンパーの低降伏点鋼

2.健康と快適性を叶える空気の進化:工業化住宅業界初 新概念の空調システム

工業化住宅業界で初めてとなる、新しい概念の空調システム、快適・新空調「エアロハス」を搭載。「エアロハス」は、パナソニックの「専用エアコン+換気システム」による換気・空調システムで、家中を快適な温度に保ちながら、自然の力(地熱)の活用と各室を温度センサーで制御することにより、快適性と省エネを実現し、ZEHの対応も容易にした全く新しい空調システムです。

●「エアロハス」の特長一覧
  1. 家中どこでも健康快適な温度に(洗面、脱衣所のヒートショックにも安心)
  2. 部屋ごとの温度調整と自動運転で好みの温度に
  3. 家全体を空調しても、エコ設計で電気代を抑える(一般的な全館空調の▲56%)
  4. こだわりのカビ対策(高い除湿能力で夏場も快適、空調OFFでもダクトのカビを抑制)
  5. 家中の空気がきれい(浄化能力は空気清浄機レベル)
  6. お手入れが簡単
  7. 室内、外観もすっきりキレイなデザイン

当社が、住まいづくりを検討している一般消費者に向けて実施したWEB調査※12によると、一般的な全館空調の主な不満点として、下記の回答が寄せられました。

  • 電気代が高い、不経済
  • 部屋ごとの温度が調整できない
  • 家族で好みの温度が違う
  • フィルター掃除の手間

「エアロハス」は、当社が創業以来50年以上にわたる住宅事業で培った技術と、パナソニックの最新の空質技術を融合。一般的な全館空調の不満点を改善し、さまざまな特長を備えた快適・新空調システムとなっており、『カサート プレミアム』に標準仕様として採用されます。

●「エアロハス」による換気・空調のイメージ

「エアロハス」による換気・空調のイメージ

●「エアロハス」の主な特長
(1)家中どこでも健康快適な温度に(洗面、脱衣所のヒートショックにも安心)
各室個別にエアコンを設置すると、空調した部屋に篭りがちになります。「エアロハス」なら、夏も冬も各室の温度差が少なく、快適に過ごせる空間が広がります。
(2)部屋ごとの温度調整と自動運転で好みの温度に
家全体を設定温度に調整し、さらに各部屋の温度を、その設定温度に対して±2段階(高め・低め)に調整できます※13
各室に設けられた温度センサーが、室温の変化をキャッチし、その情報をもとに空調をコントロール。日当たりの変化等による室温の変動にも自動で対応します。
(3)家全体を空調しても、エコ設計で電気代を抑える
年聞を通して温度変化の少ない地熱に着目。建物の断熱性能を高めるとともに、自然のカである地熱を有効に活用することで、冷暖房負荷を低減して省エネ性を高めています。
冬場の就寝時、ひとたび寝入ってしまえばそれほど暖房を必要としない揚合や、夏場にお留守番のペットのために冷房する場合等は、設定温度より省エネに調整する「セーブ運転」にすることもできます。部屋ごとの温度調整と「セーブ運転」で、エネルギーを効率的に使います。
空調+換気にかかる電気代は、一般住宅でそれぞれの部屋にエアコンを設置した場合とほぼ変わりません※14。

【「空調+換気」にかかる電気代の比較】

(4)こだわりのカビ対策
一般的な空調システムでは「空調」と「換気」が別系統であるため、換気で取り入れる空気は除湿されることなくそのまま室内に入ります。「エアロハス」では換気の給気が空調を通過するので、除湿された爽やかな空気が室内に給気されます。1時間あたり3リットルもの除湿能力があり※15、カビ対策に効果的です。梅雨時に洗濯物を室内干ししても乾きやすく、夏場の昼間は湿度が低下するので涼しく感じられます。
各室に空気を送るダクトは、空調と換気で共有しています。空調が止まっている間も、換気は低出力で動き続けるので、ゆるやかな気流がダクト内を流れ続け、カビが着床しにくい環境を保ちます。
(5)家中の空気がきれい(浄化能力は空気清浄機レベル)
床下を通った空気は、専用エアコンのフィルターを通り、さらにHEPAフィルターで浄化されます。また、室内を循環する空気もHEPAフィルターを通ることにより、住まいの中のホコリやハウスダスト、浮遊菌も除去されます。「エアロハス」の空気浄化能力は、空気清浄機の約1.5倍※16。常に健やかな空気質を保ちます。
工業化住宅で初めて、精密機器工場のクリーンルーム等で使用されるHEPAフィルターを使用。HEPAフィルターは、長さ9メートルに渡る、極めて目の細かい二重ガラス繊維構造のフィルターをひだ状に折り畳んだもので、0.3μmまでの微粒子を99.97%除去※17するため、20〜40μmの花紛はもちろん、PM2.5や、さらに細かいPMO.5にも対応します。
なお、「エアロハス」が実現する空気環境については、慶應義塾大学医学部 井上 浩義教授と共同で実証実験を実施し、医学的観点から健康との因果関係について検証しています。

3.価値が続く時間の進化:ZEH強化


断熱性能が高いハイグレードサッシ『アルミ樹脂複合サッシS』を鉄骨系工業化住宅でいち早く採用。外壁の高い断熱性能との組み合わせにより、より大開口のプランにおいてもZEHの実現が可能になりました。


屋根になじむ、すっきりとしたデザインの太陽光発電『HITスリム』を採用。
設置範囲を拡大し、複雑な屋根形状でも搭載量の確保が可能になりました。

商品名『カサート プレミアム』
発売日2017年4月8日
構造 制震鉄骨軸組構造
参考価格3.3㎡当たり98万円より(本体のみ・消費税抜き)
※価格は、地域、延床面積および設備・仕様等により異なります。
販売地域北海道および一部地域を除く全国
販売目標年間100棟

◎『カサート プレミアム』モデルハウスを全国6ヶ所から展開

名称 所在地 オープン日
一宮 愛知県一宮市丹陽町五日市場字本地28
(ナゴヤハウジングセンター一宮会場内)
2017年1月
大野城 福岡県大野城市南大利1-1-1
(hitハウジングパーク大野城内)
同上
湖東 滋賀県東近江市中岸本町208番地
(パナホーム株式会社 本社工場内)
2017年2月
幕張 千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-7
(幕張ハウジングパーク内)
2017年4月末予定
新百合丘 神奈川県川崎市麻生区万福寺2-2-1
(新百合ヶ丘ハウジングギャラリー内)
2017年4月29日予定
平塚 神奈川県平塚市田村5-19-3
(TVKハウジングプラザ湘南平塚内)
2017年GW予定
  1. ※ 1:ヒートショックとは、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動することなどが原因となり起こる健康被害のことで、失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞を起こす要因となります。入浴時に急激な血圧低下により失神し、溺れて死亡するケースは、ヒートショックの典型的な事故例といえます
  2. ※ 2:東京都健康長寿医療センター 平成25年度「冬場の住居内の温度管理と健康について」より
  3. ※ 3:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス。国が2020年までに標準的な新築住宅として実現を目指すもので、住宅の躯体・設備の省エネ性能向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ、または概ねゼロとなる住宅
  4. ※ 4:粒径0.3μmの粒子を99.97%除去するHEPAフィルター搭載の全館空調システムとして、工業化住宅業界初。2017年3月時点 パナホーム調べ
  5. ※ 5:40歳代〜50歳代半ばの上級管理職や役員に象徴される人々に多く、消費意欲が旺盛で、ブランドやハイグレードな物事にこだわる傾向を持つ層
  6. ※ 6:(一財)全日本交通安全協会 資料より
  7. ※ 7:硫黄酸化物(SOx)・窒素酸化物(NOx)・煤塵排出量の環境省統計より
  8. ※ 8:厚生労働省「平成20年度 人口動態調査(がんによる部位別死亡者数等)」より
  9. ※ 9:工業化住宅業界において。2017年3月時点 パナホーム調べ
  10. ※ 10:震度7とは、実大住宅振動実験で行った過去実際に発生した阪神淡路大震災(神戸波),新潟中越地震(小千谷波),東日本大震災(築館波)、及び 日本建築センター模擬波(BCJ-L2)を示す。200回は、地震を想定したアタックフレームの繰り返し変形試験によるエネルギー吸収量が、震度7のエネルギー吸収量の200回以上に相当することを確認
  11. ※ 11:2017年3月時点 パナホーム調べ
  12. ※ 12:「全館空調採用者に関する調査」2015年5月実施。N=230名
  13. ※ 13:部屋ごとの温度調整は、冷房時23℃〜30℃・暖房時16℃〜26℃の範囲内に限り可能です
  14. ※ 14:<試算条件>パナホーム(高断熱住宅)と一般住宅(次世代省エネレベル)の比較・一般住宅はルームエアコンディショナ一を採用・一般的全館空調はダクト式セントラル空調を採用・気象条件:標準気象データ(大阪・6地域)・延床面積:123㎡・生活スケジュール:4人家族の想定生活スケジュール・一般住宅のエアコン台数:4台・熱負荷計算ソフト:Sim/Heat(建築環境ソリューションズ)・空調エネルギー試算条件:「建築研究所WebプログラムVer.2.0」計算シート(ルームエアコンディショナ一、ダクト式セントラル空調)にて試算。・生活/発熱スケジュール設定条件:自立循環スケジュールを適用。・光熱費試算条件:2016年4月現在の関西電力料金単価で試算。「関西電力料金単価はぴeタイム従量料金(燃料調整費・再生可能エネルギー賦課金含まず)・開口条件:2017年標準仕様(アルゴン+アルミスペーサー)にて試算 ※シミュレーションによる比較です。気象条件、プラン、生活スタイルなどの諸条件により異なります
  15. ※ 15:当社モニター住宅における実測値
  16. ※ 16:パナソニック製 加湿空気清浄機F-VXL90との能力比較による
  17. ※ 17: HEPAフィルターの性能値。工場出荷時の初期性能になります。換気システム全体の数値を示すものではあリません。また0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません

ご参考

「エアロハス」が実現する空気環境における、
慶應義塾大学医学部 井上 浩義教授との実証実験について

「エアロハス」が実現する環境については、慶應義塾大学医学部 井上 浩義教授と共同で実証実験を実施し、医学的観点から健康との因果関係について検証しています。

実験では、マウスを15℃と22℃の環境においた場合の運動量を180分(N=6)測定しました。また、同じエリアの展示場で、「エアロハス」を装備した住宅と一般の換気・空調の住宅で室内のスギ花粉のアレルゲン量を測定しました。※18

それぞれの実験において、下記の結果と考察を得ることができました。

1.【マウスによる実験】快適な温度環境においては、運動量が増加し生体が活性化

快適な温度である22℃の環境のマウスの運動量は、15℃の環境のマウスに比べ、2倍以上の運動量でした。この結果から、快適な環境とすることで運動量が増え、生体が活性化することにより、健康に好影響を及ぼすと言えます。

2.【「エアロハス」採用住宅における実験】
スギのアレルゲン(抗原)を減らして、低アレルギーの住環境

「エアロハス」装備の住宅の室内のスギ花粉アレルゲン量は、一般の住宅に比べ、約6分の1になりました。この結果から、「エアロハス」の空気質向上を意図した換気および空調の循環に「HEPAフィルター」で浄化を行うシステムは、室内のアレルゲン低減に効果があり、花粉症などのアレルギー疾患の発症および症状の改善に効果があると言えます。

今回の実証実験により、「エアロハス」の機能(温度コントロール・空気浄化)が実現する空気環境は、健康との因果関係を有することが推察されます。

【慶應義塾大学医学部 井上 浩義教授 プロフィール】

慶應義塾大学医学部 化学教室教授。医薬品の開発を通じて、1990年代からPM2.5の研究に従事。大学で教鞭を執る傍ら、新聞・雑誌などへの執筆やテレビ番組への出演も多く、わかりやすい語り口で人気を集めておられます。

  1. ※ 18:【異なる温度環境下におけるマウスの活動量測定実験 概要】(1)環境与件/縦223mm×横382 mm×高さ184.5 mmのアクリル箱を環境温度15℃と22℃に設定。1日あたり3時間におけるマウスの活動量を設定した区画を横切る回数で測定。(2)測定期間/2017年2月から3月までの17日間。(3)測定場所/慶応義塾大学 医学部(神奈川県横浜市港北区日吉)(4)解析ソフト/Actimo-100 system [(株)シンファクトリー製]
    【「エアロハス」装備の実住宅におけるスギ花粉量測定実験 概要】(1)対象/「エアロハス」を採用したパナホーム戸建住宅と一般の空調・換気の戸建住宅。(2)測定方法/1m³の室内空気を30mlの蒸留水中を通過させ、アレルゲンを捕集。溶け込んだアレルゲン量を測定。(3)捕集期間/2017年3月16日から3月17日の12時間。(4)捕集場所/滋賀県東近江市(5)測定器/スギ花粉Cry j1 ELISA kit [ニチニチ製薬(株)製]

標準仕様とされている内容は当社推奨のものであり、お客様のご要望・建築地域・販売会社その他の要因により、採用・搭載されない場合があります。

関連ページ

ページの先頭に戻る