企業情報 TOP > ニュース TOP > ニュースリリース > 台湾・台北市の分譲マンション『中山北路(ゾンサンペールー)』販売開始

現地ディベロッパーとのJVによる海外初の設計・施工物件第1号
台湾・台北市の分譲マンション『中山北路(ゾンサンペールー)』販売開始
パナソニック製品を採用したスマートマンション

2015年6月18日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)では、台湾で総合建設業を行う現地子会社 パナホーム台湾株式会社(本社:新北市、董事長:濱野 匡章、以下 パナホーム台湾)がディベロッパーの松助開発建設股份有限公司(台北市松山区、董事長:江 受宏、以下 松助開発建設)をパートナーとしたマンションのJV事業において、6月18日より台北市『中山北路』の着工及び先行販売を開始しました。

当社の海外事業は、戸建住宅及び分譲マンションの建設請負が中心で、マンション請負としては2015年3月に台湾・新北市内に第1号が完成しています。建物を自社資金で設計・施工する物件として、『中山北路』(地上13階、ペントハウス3階、地下3階・総戸数62戸)は、当社にとって海外初となります。同物件の2017年6月完成に向けて、JVのパートナー先である松助開発建設と共に取り組んでいきます。

台湾では、購入者が簡単な内装(一次内装)しか施されていない建物を購入後、自ら内装(インフィル)の設計・施工業者を探し、住まいを完成させることが一般的です。これに対して当社は、2015年4月にパナホーム台湾に内装施工会社のパナホーム台湾レジデンスを吸収合併。ディベロッパー(事業開発)+建物(施工)+内装(設計・施工)+アフターサービスまでを行う一気通貫体制を構築しました。同マンションの購入者に対しても、二次内装(天井仕上げ、壁クロス)を積極的に提案していきます。

さらに、マンション向けに最新のパナソニック製品をパッケージ化して提案。共用部にはセキュリティカメラを含むホームオートメーションシステムを、専有部には日本と同様に空気の質にこだわった全熱交換換気システムを採用します。また、HEMSシステムによる消費エネルギーの「見える化」も実現するスマートマンションです。こうした特長を打ち出しながら周辺マンションとの差別化を図ると共に、マンション周辺に数多く駐在している単身邦人向けの賃貸斡旋も行うなど、付加価値の高い分譲マンションとして販売します。


『中山北路』完成イメージ図

■物件概要

名称 中山北路(ゾンサンペールー)
所在地 台北市中山北路二段
総戸数 62戸
敷地面積 494m²(149.58坪)
延床面積 4,875.48m²(1,476.30坪)
構造・階数 鉄筋コンクリート造・
地上13階、ペントハウス3階、地下3階
販売開始 2015年6月18日(先行販売)
事業主・売主 松助開発建設股份有限公司
設計・施工 パナホーム台湾株式会社
竣工予定 2017年6月
1戸あたりの専有面積 40.76〜47.87m²(12.34〜14.50坪)
間取り 1LDK
主なパナソニック製品 共用部:
マンションホームオートメーションシステム(セキュリティカメラ)、エアコン、 トイレ(アラウーノ)
専有部:
HEMSシステム、全熱交換換気システム、床材、建具、照明、配線器具、 システムキッチン、エアコン、トイレ(アラウーノ)

●専有部の主な製品・システム

■ご参考

<パナホーム台湾株式会社 概要>

会社名(中文) 台灣松下営造股份有限公司
会社名(和文) パナホーム台湾株式会社
会社名(英文) PanaHome Taiwan Co., Ltd.
本社 新北市五股區五權路37號6樓
董事長 濱野 匡章
資本金 5.3億台湾ドル
従業員数 101名(2015年6月時点)
持株比率 100%
主たる業務 住宅建設請負業、住宅内装の設計・施工業
建設業ライセンス 総合建設業 甲級
設立 2011年10月

関連ページ

ページの先頭に戻る