企業情報 TOP > ニュース TOP > ニュースリリース > 『パナホームファミリーの森』で植林イベントを開催

岩手県宮古市(10/19) 岐阜県高山市(10/26)
『パナホームファミリーの森』で植林イベントを開催
お施主さまも参加し、8,000本以上を植樹

2014年10月20日

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)は、全国2ヶ所に開設している『パナホームファミリーの森』で、お施主さまとパナホーム社員による植林イベントを開催。このイベントは、岩手県宮古市の森で10月19日に開催し、続いて岐阜県高山市の森で10月26日に開催いたします。

当社は、創業50周年記念プロジェクトの社内公募で採択された提案を具現化し、2013年10月に『パナホームファミリーの森』を開設。開設にあたっては、緑のネットワーク形成の観点を重視し、魚付き林※1育成と震災被災地復興の観点から宮古市に、森林再生啓発と水源涵養林育成の観点から高山市を選定しました。

同プロジェクトでは、2013年10月1日〜2014年9月30日の1年間をキャンペーン※2期間とし、期間内にご契約をいただいたお施主さまにつき1本の苗木の植樹を実施するものとしました。

なお、『パナホームファミリーの森』開設時には、パナホーム社員の寄付金により合計1,500本(宮古市:645本、高山市:855本)を植樹しており、今回のイベントで、新たに宮古市に約3,000本、高山市に約3,600本を植樹することで、合計8,000本以上の植樹が実現します。営林は、認定NPO法人環境リレーションズ研究所(東京都千代田区)が運営する、記念樹を植えて森林再生と地域振興につなげる「プレゼントツリー」プロジェクトを通じて行われます。

今回、キャンペーンに参加されたお施主さまに向けては、お名前入りの『植林証明書』を発行するとともに、記念品として、ミニ・シンボルツリー「ハートツリー」※3の鉢植えを建物のお引渡し時以降にお届けする予定です。

『パナホームファミリーの森』開設エリア


岩手県宮古市川井


岐阜県高山市清見町

■ 植樹活動の概要(岩手県宮古市川井)

日程2014年10月19日
今回の植樹数2,979本
植樹済み数645本
合計数3,624本
樹種オオヤマザクラ、ミズナラ、ナナカマド


参加されたお施主さまの集合写真


植樹風景

■植樹活動の概要(岐阜県高山市清見町)

日程2014年10月26日
今回の植樹数3,580本
植樹済み数855本
合計数4,435本
樹種ミズナラ、ケヤキ、ブナ、ヤマザクラ、ヤマグリ(予定)
  1. ※1:川の水源近くにあり、海の魚介類の育成に好影響を与える森のこと。
  2. ※2:一部の販売会社では実施しておりません。
  3. ※3:「ハートツリー」は“ハリツルマサキ“の一種を10年以上の歳月をかけて、品種改良したもの。
    名称は、株式会社ブランディング(愛知県半田市)の登録商標です。

関連ページ

ページの先頭に戻る