企業情報 TOP > 会社情報 TOP > 会社概要 > 沿革

沿革

1959年
  • 松下電工株式会社[現パナソニック(株)]建材事業部で工場生産住宅の開発に着手。
1961年
  • 「松下1号型住宅」発売。
  • 松下電工株式会社住宅事業部発足。
1963年
  • 「ナショナル住宅建材株式会社」設立。
1969年
  • 「湖東工場(現・本社工場)」(滋賀県)が操業開始。
1970年
  • 初のテレビCM放送。
1971年
  • 東京・大阪両株式市場「第二部」に上場。
1972年
  • CMソング「家をつくるなら」若者の間で流行。
  • 東京・大阪両株式市場「第一部」に上場。
1974年
  • 「建設大臣工業化住宅性能認定制度」の認定を取得。
1977年
  • 商品ブランドを「パナホーム」と命名。
  • 初の街づくり「枚方パナタウン」(大阪府)が完成。
1978年
  • 「協業会社制度」を発足。
  • 本社を大阪府門真市から豊中市(千里)へ移転。
1981年
  • 「省エネルギー住宅設計競技」で建設大臣賞を受賞。
1982年
  • 創業20周年を機に、社名を「ナショナル住宅産業株式会社」に変更。
1984年
  • パナタウン開発思想が「昭和58年度まちづくり設計競技」で建設大臣賞を受賞。
1986年
  • 企業スローガンとして「新・くらし文化の創造」を提唱し、CI導入。CIマークを制定。
1988年
  • 独自の換気システム「健康快適空調システム」開発。
1989年
  • 施主サービス強化のための「ふれ愛友の会」制度、発足。
  • 「昭和63年度まちづくり設計競技」で建設大臣賞を受賞。
1990年
  • 「サンビレッジ福岡」が福岡市都市景観賞を受賞。
  • 「工業化住宅等品質向上貢献企業」として通産大臣賞を受賞。
1991年
  • 全国一斉に協業会社の社名変更。新CIを導入。
1993年
  • 「サンヴァリエ」月間942棟の受注最高記録を達成。
  • 創業30周年を迎え、「感動満足企業」をめざし、新たなスタート。
1994年
  • 美装コンクリート住宅「グランベルデ」がグッドデザイン賞を受賞。
1995年
  • 阪神・淡路大震災でパナホームは全半壊ゼロ。その強さを実証。
1999年
  • (財)建築環境・省エネルギー機構より「環境共生住宅」認定を取得。
2002年
  • 社名を「パナホーム株式会社」に変更。ブランドスローガンを「あなたと夢を、ごいっしょに。」と定め、新CI導入。
2004年
  • グループ改編により松下電器産業株式会社[現パナソニック(株)]の連結子会社となる。
  • 光触媒技術を活かした外壁採用のエコライフ住宅「エルソラーナ キラテック」発売。
2006年
  • エコライフ住宅「エルソラーナ」が累積受注5,000棟達成。
2007年
  • 不動産・賃貸管理の専門会社「パナホーム不動産株式会社」設立。
2008年
  • 女性の声から生まれた住まい「ソラーナ・ユールキア」「ソルビオス・ユールキア」発売。
  • 快適な住み心地を1泊2日で体験できる「宿泊体験モデルハウス」を全国で展開。
  • 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック 2007」において、ソラーナシリーズが“特別賞”を受賞。
  • 平成20年度第1回「超長期住宅先導的モデル事業」でパナホームの提案が採択。「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」でも第1回、第2回連続で採択。
2009年
  • エコアイディアのくらしを提案する住まいNEW「エルソラーナ」、「ユールキア We」、 「ソルビオス<アーキモード>」発売。
  • 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2008」で、エルソラーナが“大賞”を受賞。
  • 生涯満足経営を実現する賃貸住宅「エルメゾン」発売。
  • 「新エネ百選」に、パナホーム・シティ西神南が入選。
  • 平成21年度第1回「長期優良住宅先導的モデル事業」でパナホームの提案が採択。
  • 平成21年度第1回「高齢者居住安定化モデル事業」で3件の提案が採択。
  • 都市型3階建住宅「ソルビオス<アーキモード>」がグッドデザイン賞を受賞。
2010年
  • ライフステージとともに育つ住まい NEW「エルソラーナ シリーズ」発売。
  • 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009」で、“優秀賞”と“優秀企業賞”を同時受賞。
  • 関連会社「パナホーム台湾レジデンス株式会社」を設立。台湾でマンションや戸建住宅のリフォーム事業をスタート。
  • パナホーム独自の事業スキーム「ケア付き高齢者専用賃貸住宅・一括借上げシステム」をスタート。
  • 産学共同研究とパナソニックグループ連携による「CO2±0住宅」の研究棟が、本社工場内に完成し、実証試験を開始。
2011年
  • 業界初、150ミリピッチのプランニングを可能にした新構法による「カサート」を発売。
  • 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」で戸建、リフォーム、集合住宅部門の3部門同時受賞。加えて、特別表彰“優秀企業賞”を受賞。
  • 当社100%出資の設計専門会社「プレミアート・デザイン・オフィス株式会社」を設立。
  • エコアイディアの家の技術力や提案力を生かした賃貸住宅「フィカーサ」を発売。
  • 空間活用力に優れた、重量鉄骨の都市型3・4・5階建「ビューノ」発売。
  • エコアイディアの新技術で、CO2±0のくらしを実現する住まい「カサート・テラ」発売。
  • 台湾での建設業ライセンスを取得し、関連会社「パナホーム台湾株式会社」を設立。
2012年
  • サスティナブルでスマートなくらしを追求する“街まるごと事業”「パナホーム スマートシティ」の全国展開を開始。
  • 家族の心をつなぐ、のびやかな空間とくらしの提案を盛り込んだ住まい「カサート・ファミオ」発売。
  • 女性の感性に応える、女性向け賃貸集合住宅の新ブランド「ラシーネ」の全国展開スタート。
  • “スマートHEMS”で家全体のエネルギーをやりくりして、無理なく節電しながら快適にくらせる「NEW スマート・パナホーム」発売。
  • 「第9回エコプロダクツ大賞」(エコプロダクツ部門)において、“家まるごと断熱”と“エコナビ搭載換気システム”が国土交通大臣賞を受賞。
2013年
  • 太陽光発電パネルそのもので屋根を構成。機能的・斬新なデザインで先進の環境性能を実現する「エコ・コルディス」発売。
  • 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2012」にてカサート・テラが“特別優秀賞”を受賞。
  • 創業50周年記念事業として本社ビル敷地内に、地域の生態系ネットワーク保全と防災セイフティエリアを形成する緑化ゾーン「つながりのひろば」を開設。
  • 大容量太陽光発電搭載で高い収益性と環境性能を実現する賃貸住宅「フィカーサ エコソレイユ」発売。
  • リフォーム事業子会社「パナホーム リフォーム株式会社」が営業開始。
  • 創業50周年記念プロジェクト「パナホームファミリーの森」を岩手・岐阜に開設。
  • 「新エネ大賞」において、エコ・コルディスとフィカーサ エコソレイユが“新エネルギー財団会長賞”を受賞。
2014年
  • 「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2013」において2年連続で“特別優秀賞”と“優秀企業賞”を受賞。
  • 工業化住宅初の都市型7階建住宅「ビューノセブン」発売。
  • “ウェルネス”と“スマート”がさらに進化した先進のスマートハウス「エコ・コルディスII」発売。
  • 新イメージキャラクターに俳優、西島 秀俊さんを起用。
2015年
  • ASEAN地域の統括会社「パナホーム アジアパシフィック」がシンガポールに設立。
  • 台湾・台北市に、海外初の建設請負物件第1号分譲マンション「御松郡(ウィソンチン)」が完成。
  • エネルギー収支ゼロを超えるエコ性能「ゼロエコ」標準採用の住まいNEW『CASART(カサート)』発売。
  • マレーシアのデベロッパーMKH社と協業を目的にする新会社「パナホーム MKH マレーシア」を設立。
  • 全国5,000人のお客さまの声から生まれた住まい「CASART(カサート)トキメキセレクション」を発売。
ページの先頭に戻る