企業情報 TOP > 環境社会活動 TOP > 商品について > CO2±0(ゼロ)のくらしを実現

CO2±0(ゼロ)のくらしを実現

第9回エコプロダクツ大賞 受賞

快適性と省エネを追求した、パナホーム独自の断熱性能と換気システムが評価され、国土交通大臣賞を受賞しました。
(2012年11月)

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2012 「特別優秀賞」受賞

エコで快適な住まいを追求する、省エネ住宅へのトータルな取り組みが評価されました。
(2013年3月)

「パナホーム スマートシティ潮芦屋」 モデルハウスがLCCM住宅認定を取得

優れた環境性能と街づくりの設計思想が評価されました。
(2012年9月)

太陽光発電を積極的に推進

戸建住宅や賃貸住宅を中心に、太陽光発電の提案を積極的に行っています。

少ないエネルギーで快適にくらしながら環境負荷を低減するために、パナホームはいち早く、「CO2±0(ゼロ)住宅」の開発に着手。CO2±0(ゼロ)のくらしを実現する住まいとして、「ECO CORDIS(エコ・コルディス)」をはじめ、多彩な住まいをお届けしています。住宅の環境性能を向上させることで、くらしのエネルギー消費に伴うCO2排出量を削減し、太陽光発電などの創エネにより、CO2排出量の収支をゼロに。環境に貢献するとともに、光熱費を大幅に節約するくらしを提案しています。

夏涼しく、冬暖かい「地熱」の活用で、省エネ性能が大幅に向上

できるだけエネルギーを使わない家をめざして、パナホームが着目したのが、年間を通して温度変化の少ない地熱です。外気に比べて夏は涼しく、冬は暖かいベース空間(床下)を地熱活用のスペースとして捉え、快適性を高めながら、冷暖房負荷を低減。建物そのものの省エネ性能を大幅に高めることができました。

ご入居後の実績を、環境家計簿として「見える化」

太陽光発電システムや燃料電池の発電量、使った電気の量やCO2排出量をモニターでチェックできるECOマネシステムで、家まるごとのエネルギー使用量・収支を「見える化」。そこから計測したデータをもとに、環境家計簿を作成してご報告します。ご入居後の光熱費やCO2排出量などの実績をご確認いただけます。
※条件により対応できない場合もあります。

●省CO2住宅を推進するパナホームの取り組みが評価

省エネ・創エネ技術をバランスよく採用した住宅とともに、住まい手の省エネ意識の喚起にも配慮するなど、総合的に省CO2住宅の波及・普及をめざすパナホームの取り組みが評価されています。


ページの先頭に戻る