空気の質が叶える、快適で、健康的なくらし。

空気の質は、住まいの質。最適な温度とクリーンさを叶える、快適・新空調「エアロハス」が、プレミアムな住み心地を届けます。

パナホームの新発明、「エアロハス」。業界初※の快適・新空調システム、誕生。

各部屋に設けた温度センサーが、
室温の変化をキャッチし、
その情報に基づいて空調をコントロール。
全館空調の常識を覆す、業界初※の
全く新しい空調システムです。

※粒径0.3μmの粒子を99.97%除去する
工業化住宅業界初。(2017年3月当社調べ)

オールシーズン・24時間、快適温度。

夏や冬に生じやすい家の中の温度差は、
心地よさを損なうばかりか、
エネルギーロスにつながることも。
「エアロハス」が、そんな問題を
一気に解決します。

室温の変化を感知して、
家中の温度ムラを調整

各室個別にエアコンを設置している場合、
空調した部屋から出たくなくなってしまいがち。
「エアロハス」なら、夏も冬も、各室の温度差が少ないため、快適に過ごせる空間が広がります。

建物内の温度分布(夏 夕6時)/建物内の温度分布(冬 夜8時) ※当社シミュレーションデータより。プランや生活条件等の違いにより温度は変動します。
夏暑く、冬寒くなりがちな
吹抜け空間も快適

各部屋に設けたセンサーが働き、空調をコントロールして室温を快適に維持。
大きな吹抜けのある空間も、上下間での温度差が少なく、1年中、心地よさが保てます。

吹抜部分の温度差 「エアロハス」なら、吹抜けの上下でも温度差が小さくなります。
好みに応じて各室個別の
温度調節も可能

暑がりの方も寒がりの方も快適に過ごせるように、部屋ごとに温度を調整できるようにしています。
また、あまり使わない部屋の空調を弱めて、エネルギーのムダを抑えられます。

空気がつくる健康なくらし

ヒートショックのリスクを軽減する
温度バリアフリーな環境をつくり、
大気汚染の原因のひとつでもあるPM2.5や、
シックハウスを引き起こすVOCなどから
くらしを守って、日々の健康を支えます。

※揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds):
建材や塗料などから室内に放散する、
トルエンやキシレンなどの化学物質の総称。

「HEPAフィルター」で、
PM0.5までも除去

ホコリや花粉はもちろん、PM2.5やさらに小さなPM0.5の粒子にも対応する、超高性能「HEPAフィルター」を搭載。外部から取り込む空気も室内を循環する空気も、徹底的に浄化します。

HEPAフィルター 「HEPAフィルター」が、粒径0.3μmの粒子をキャッチし、99.97%除去。/モニター邸での室内のPM2.5濃度 ※モニター邸での実測値であり、実際の効果を保証するものではありません。※屋外を100とした場合の、室内のPM2.5濃度。
ヒートショックのリスクを軽減

入浴時、寒い脱衣所から熱いお湯に入るなどして、血圧や心拍数が急激に上下して起きる「ヒートショック」。
部屋間の温度差を少なくすることで、そのリスクを軽減できます。

ヒートショックで死亡の死亡件数は交通事故死の約4倍
優れた除湿能力で、カビリスクを軽減

「エアロハス」は、1時間あたり3リットルもの除湿能力があり、カビの発生を抑え、
夏場の不快な湿度を下げる効果があります。
さらに、室内や押入の壁に用いる「稚内珪藻土」が、自然に湿度をコントロールします。
※当社モニター邸における実測値

稚内珪藻土の優れた特徴って?

モニター邸における除湿量 モニター邸での実測(夏期)では、優れた除湿能力で、快適な湿度をキープ。 稚内珪藻土を使用した調湿石膏ボード 珪藻土は湿度が高いときに吸湿、乾燥しているときには湿気を放出。
グリーンガード認証とは

VOCについて厳しく定められた世界基準の認証。
住環境に存在するVOCについて、300を超える物質を測定対象に。
さらにVOCの総量に上限を設けることで、未規制や未知のVOCにも対応する基準です。

※1. 2016年3月、UL社より住宅向け「グリーンガード認証」を取得。
※グリーンガードは、UL LLCの登録商標です。
※仕様により、本認証対象外となる場合があります。
※VOC対策は、健康なくらしのための室内空気質向上を目的としていますが、健康状態の改善や維持を保証するものではありません。

戸建住宅サイトTOPへ